10日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムではキリンチャレンジカップ2014、日本×ジャマイカ戦が行われた。

初勝利を狙ったアギーレジャパンは決定的なチャンスで枠を捉えることができない場面もあったが、試合の主導権を渡すことなく見事なパスワークから相手のオウンゴールを誘う格好で1点を奪い、勝利に繋げた。

すると同夜、テレビ朝日「報道ステーション」ではサッカー解説者で元日本代表・中山雅史氏が試合を振り返った。

「あと2、3点獲ってほしかったという試合内容」と切り出した中山氏だが、日本代表の試合運びは「非常に選手の距離感がよかった。攻守に渡って」と評価した。

また、得点を挙げた際、その起点となった守備から攻撃への切り替えについて「ディフェンスが競ってこぼれたボールに対して武藤がプレスに行きます。そのこぼれ球にすかさず岡崎がいってる。パワーを持った守備がある。いい守備があったからこそスピーディな攻撃、パワーを持った攻撃に移行できた」と分析した。