アギーレ監督、初勝利に満足「若い選手が良いプレーを見せた」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2014が10日に行われ、日本代表とジャマイカ代表が対戦。16分に記録されたオウンゴールが決勝点となり、1−0で日本が勝利を収めた。ハビエル・アギーレ監督下での初勝利となった。

 試合後、アギーレ監督は以下のように勝利を振り返った。

 アギーレ監督は、「落ち着きは今までと変わらない。今日の試合では得点を取るチャンスがあと5、6回あったと思う。とてもうれしい」と勝利を喜び、「今日初めて代表でプレーする選手がいたし、Jリーグの若い選手が良いプレーを見せてくれて満足している」と選手たちを評価した。

 14日、シンガポールで行われるブラジル代表戦に向けては「今日の試合ほど得点チャンスが訪れない試合になると思う。チャンスが訪れたら確実に決めなければいけない」と、展望を語った。