スタジオカラーVSサイバーコネクトツー

写真拡大

11月23日(日)に行われる「CGWORLD 2014 クリエイティブカンファレンス」にて、アニメ制作会社・スタジオカラーとゲーム制作会社・サイバーコネクトツーの「ガチンコ!アニメーション対決!!」が実現する。

登壇者はサイバーコネクトツーのディレクター・竹下勲さん、スタジオカラーのデジタル部アニメーター・岩里昌則さん。

レフリーを担当するのは、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』OPやOVA『FREEDOM』OP・EDの制作などで知られる神風動画の代表・水崎淳平さんだ。

エヴァ対.hack?!



「CGWORLD 2014 クリエイティブカンファレンス」は、ゲーム・映像・アニメ・立体造形など、全てのCGアーティストのためのカンファレンスイベント。

文京学院大学の本郷キャンパスにて開催され、事前登録制だが参加費は無料。参加対象はエンターテインメント業界に携わっている、もしくは目指している学生となっている。

「ガチンコ!アニメーション対決!!」は、その内の一つのセッションとして行われる。

『新世紀エヴァンゲリオン』などを手がけてきた庵野秀明さんが設立し『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を生み出してきたスタジオカラーと、「.hack」シリーズや「NARUTO -ナルト- ナルティメット」シリーズなどを手がけてきたサイバーコネクトツーという、それぞれ別の土壌でアニメ表現に挑戦し続ける2社が激突。

同一シナリオ同一モデルを使用して、オリジナルアニメーション作品をガチンコで競作する。制作期間はおよそ1ヶ月。アニメCG特有のアプローチ、ゲーム開発ならではのTIPSなど、両社の奥義を公開するセッションとなる。