合同トライアウト開催迫る!/バスケット・bjリーグ
 日本初の男子プロバスケットボール設立を目指す「bjリーグ」事務局は、今年11月のシーズンスタートに向けて2月(12日・関東、13日・関西)に合同トライアウトを実施する。bjリーグ所属チームは、この合同トライアウトに参加した選手とのみ、プロ選手契約を締結する。
 
 参加チーム中、現時点で選手を保有しているのは、JBLからの脱退を表明している新潟アルビレックスとさいたまブロンコスの2チームのみで、他の4チーム(仙台89ers、東京アパッチ、大阪ディノニクス、大分ヒートデビルズ)は、このトライアウトで選手の発掘を行うことになる。

 河内コミッショナーは「ハートを持った選手に来て欲しい」と語り、新リーグへの期待に胸を膨らませた。

<合同トライアウト実施概要>

●対象者
16 歳以上のバスケットボール経験者で日本国籍を有する選手
* 義務教育課程在籍者は除きます。
* 高等学校在籍者は保護者の承認が必要となります。
* 大学のバスケットボール部(体育会)に所属している選手は、所属先の部長あるいは監督の推薦書が必要

●日時・会場
2005年 2月 12日(土) 関東/小田原アリーナ(小田原市総合文化体育館)
2005年 2月 13日(日) 関西/ぷくぷくドーム(河南町立総合体育館)

●申込締め切り
2005年 1月 31日(月)

*詳しいし込み方法等はbjリーグ公式サイトをご覧下さい。