「相棒テラス」

写真拡大

中日本高速道路とテレビ朝日は、静岡県富士市の東名高速道路上り線にあるサービスエリア「EXPASA(エクスパーサ)富士川」に、ドラマ「相棒」をテーマにした「相棒テラス」をオープンした。

2014年10月9日から翌年3月31日までの期間限定。

相棒にちなんだグッズやフード、クイズも

EXPASA富士川は、世界遺産にも登録された富士山を眺められる13年の12月にできたばかりのサービスエリア。

テレビ朝日の人気ドラマ「相棒」とコラボレーションしてオープンする「相棒テラス」では、相棒の世界を楽しめるお店や展示が用意されている。

「相棒ストア」では劇中で使用されるマグカップなど、200種以上の相棒グッズが用意されている。ここでしか手に入らない限定グッズもあるという。

また、劇中に現れる木札ボードを模した、名前入りの「木札ドッグ」(350円、税込み)や「相棒まん」(600円、税込み)などが楽しめる「相棒カフェ」や、ドラマでもおなじみの小料理屋・花の里をイメージした「花の里屋台」などもある。

店内には相棒の歴史が分かる年表や出演者の等身大パネルを設置。さらに、随所に散りばめられた相棒の豆知識や、相棒クイズラリーなど、楽しめる要素が盛りだくさん。

相棒ファン必見のイベントとなっている。