画像は、Youtubeより/「Frozen - 8 Bit Cinema」のスクリーンショット

写真拡大

大ヒットディズニー映画『アナと雪の女王』を、ファミコンゲームのような、8bitゲーム風に仕上げた動画「Frozen - 8 Bit Cinema」がYouTubeにて公開され、話題を呼んでいる。

レトロなRPG風、アナ雪


制作・公開したのは今回のアナ雪と同様、名作映画をYouTubeにて「8 Bit Cinema」としてシリーズ展開しているクリエイター集団・CineFix。

「Frozen - 8 Bit Cinema」




CineFixは以前から『ゴジラ』や『アベンジャーズ』『キック・アス』などの大人気映画作品を8bit化した動画を公開し、注目を集めていた。

今回公開された「Frozen - 8 Bit Cinema」は、映画『アナと雪の女王』をモチーフに、8bitゲーム風に仕上げた3分間の動画(ネタ元は『クロノトリガー』だろうか)。

社会現象ともいえる大ヒットを記録した主題歌「Let it Go」や挿入歌「生まれてはじめて」などの曲も8bitのBGMとして奏でられ、レトロゲーム風に演出している。

クリストフとスヴェン

Youtubeより/「Frozen - 8 Bit Cinema」のスクリーンショット



さらに、アイテム購入画面が登場したり、『アナと雪の女王』に登場するキャラクター・クリストフとスヴェンがアナの仲間に加わるシーンでは、「KRISTOFF AND SVEN JOINED YOUR PARTY! (クリストフとスヴェンが仲間に加わった)」という画面が表示されたりと、懐かしいRPG風のデザインによって素敵に再構築されている。