XperiaはZ3だけじゃない!魅力いっぱいの海外Xperiaがスゴイ

写真拡大 (全4枚)

ソニーモバイルコミュニケーションズの『Xperia Z3』は、同じZ3の名前を持つコンパクトサイズの『Xperia Z3 Compact』、タブレットの『Xperia Z3 Tablet Compact』など、複数モデルでシリーズ展開される。
最近では1社1機種しかスマホやタブレットを出さないメーカーが多い中、Xperiaの他機種戦略は消費者にとってもうれしいことだ。

ところがXperiaは海外ではさらに多くの機種を販売しているのである。日本では通信キャリアがスマホを販売するため、各シーズンの新製品は1メーカー当たり1機種か2機種になってしまう。

それに対して海外ではメーカーが直接SIMフリースマホを販売することも当たり前なので、メーカーはキャリアに縛られることなく、毎月のように新製品を発表・発売しているのである。

そんな海外版のXperiaの中には日本でぜひ販売してほしいモデルがいくつもあるのだ。今回はその中から特に魅力的な3機種を紹介しよう。

●Xperia Z3を上回る自撮りカメラ機能をもつお手頃価格の『Xperia C3』
まずは大画面スマホの『Xperia C3』。ディスプレイサイズは5.5インチと『iPhone 6Plus』と同じだ。性能はXperia Z3などのハイエンド製品よりは低く抑えられているが、日常的な利用には問題の無いレベルのミドルクラスの製品である。
だがこのXperia C3には、Xperia Z3をも上回っている機能があるのだ。それがフロントカメラ性能である。


自分撮りを思いっきり楽しめるXperia C3


Xperia C3のフロントカメラは500万画素と、他社スマホのリアカメラなみに高性能だ。しかもフロント側にもフラッシュが搭載されているのだ。「セルフィー=自分撮り」をいつでもどこでも、高画質で楽しめるのである。
暗い室内で自分や友達同士を撮影することもXperia C3なら問題なくできる。プリクラ感覚で自分たちの顔を見ながら写真撮影できるセルフィーは世界中で流行の兆しを見せており、Xperia C3はそれにいち早く対応しているのである。
またアプリでも、顔メイクや目の色の変更に対応するなど充実している。

●最強の防水防塵機能を誇る『Xperia M2 Aqua』
お次はXperia史上、最強の防水防塵機能を備える『Xperia M2 Aqua』を紹介しよう。このスマホもXperia C2同様にスペックは控えめのお値打ち値段で販売されている。
ディスプレイサイズは4.8インチで本体は片手でも楽に持てる大きさである。このXperia M2 Aquaは名前についている「アクア」、これが大きな特徴だ。


Xperiaの中で群を抜く防水と防塵に対応したXperia M2 Aqua


Xperia M2 Aquaは、IP65/68の防水防塵に対応している。これは今売られいてるXperia各機種よりもよりハードな環境に耐えられるのだ。IP65/68という数値は水深1.5メートルの水中に30分浸かっても内部には水が入らない高い防水性能を有する。また粉塵も本体内に入ってくることは無い。見た目はスタイリッシュなスマホなのに、アウトドアで思う存分使うことができるわけだ。ウォータースポーツが好きな人にも向いているだろう。

●さらにスマホをお得に使える最上位機種 Xperia Z3 Dual
最後は日本でも販売中のXperia Z3の派生モデル『Xperia Z3 Dual』だ。今販売されているスマホの中でもトップクラスに位置するハイエンドスマホのXperia Z3に、SIMカードが2枚入るようにしたモデルがこのXperia Z3 Dualである。
待ち受け画面を見ると、アンテナマークが2本立っているのがわかるだろう。
なんと2枚のSIMカードが同時に待ち受け可能なのだ。

ところで、SIMカードが2枚入ると何が便利なの?と、言う人もいるだろう。
実は、これができると、スマホをよりお得に使うことが可能になるのだ。


スマホをお得に使うことができるXperia Z3 Dual


たとえばドコモやソフトバンクなど、長年メインで使い続けているSIMカードを1枚入れておく。そしてもう1枚は、格安SIMを入れておく。
こうしておけば、通話はキャリアSIMで、データは格安SIMでといった使い分けができる。
あるいは仕事とプライベート用に2台のスマホを持ち歩いていた人も、Xperia Z3 Dualを使えば1台で2つのSIMカード=電話回線を同時に利用できるというわけだ。
ただ、現在のXperia Z3 Dualは、残念ながら片側のSIMは日本の通信方式には対応していない。是非、LTE+3Gのようにどちらも日本で利用できるデュアルSIMスマホの登場にも期待したい。


山根康宏