毛沢東の胸像が聳える鶴壁の旧市街。都市開発ゲームはここが出発点     (Photo:©Alt Invest Com)

写真拡大

 これまで内モンゴル自治区オルドス、河南省鄭州、天津市と中国の不動産バブルを見てきたが、今回は鬼城がどのように発達していくのかを考察してみたい。例に挙げるのは河南省の地方都市・鶴壁(かくへき)だ。

 とはいえ、鶴壁の名前を聞いたことのあるひとはほとんどいないだろう。かくいう私も、中国の鬼城を検索していてたまたまこの町のことを知り、鄭州から日帰り可能なこともあって足を延ばしてみただけだ。Wikipediaにもたった1行、「鶴壁市(かくへき-し)は中華人民共和国河南省に位置する地級市」との説明があるだけで、英語版にはそれに「山西台地の端の山岳地域に位置する」という一文が加わる。

 中国語版には若干の歴史の説明があり、それによると「鶴壁」という地名は「仙人のために白い鶴が南山の崖を舞った」という伝説でちなんでつけられたという。紀元前17世紀頃に成立した(確認できるなかで)中国最古の王朝・殷(商)の時代には衛国、その後の戦国時代には趙国の首都として歴史の舞台に登場している。山西省に源を発し、黄河へと合流する淇河(きが)は鶴壁のあたりがもっとも風光明媚で、明の時代から珍味とされてきたフナやアヒルのタマゴが特産品だという。

 だが近年、鶴壁が知られるようになったのは、石炭を中心に豊富な地下資源に恵まれ、その利益を原資に積極的な都市開発を行なったことだ。

鶴壁市は、中国の典型的な地方都市

 鶴壁市の面積は2299平方キロ、人口は144万で、中国の「市」は日本でいうと「県」に相当するから、人口では山口県や愛媛県、長崎県とほぼ同じ規模だ。このなかでもっとも小さな長崎県でも面積は4000平方キロあるから、人口密度はほぼ倍ということになる。河南省そのものが人口1億と日本とほぼ同じ規模なので、省内の地方都市でも思いのほか人口は多い。

 鶴壁市の旧市街は山城区にある。紛らわしいが、この「区」が日本の「市」に相当すると考えればいい。下の写真は山城区の中心部で、ロータリーの中央に毛沢東の巨大な銅像が聳えている。その近くにショッピングセンターがあるが、大きな建物はこのくらいで、それ以外は個人営業の飲食店や雑貨店などが並んでいる。大通りに建設中のマンションが見えるものの、典型的な中国の地方都市だ。

 実は鶴壁を訪れるにあたっては、鄭州で自動車ディーラーを経営している会社社長の好意で、車と社長付の運転手を手配してもらった。運転手は仕事で河南省のほとんどの地域に行ったことがあるが、鶴壁の旧市街(山城区)に来たのは今回がはじめてだという。ここには鉄道の駅もなく、安陽などからバス便はあるのだろうが不便なので、外国人が訪れることはほとんどない。その意味では貴重な(?)写真だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)