レッドブル 虚偽広告で訴えられ約14億円の支払いで和解

ざっくり言うと

  • 虚偽広告で訴えられたレッドブルが、約14億円の支払いで原告側と和解した
  • 同飲料を02年以降に購入し、アメリカ在住の人なら誰でもお金を受け取れる
  • 原告はレッドブルの効能はコーヒー1杯分以下との研究結果を押し出していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング