写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オウチーノ総研はこのほど、20〜39歳の未婚女性443名と、子どもがいる40〜65歳の既婚女性663名を対象に、「仕事と結婚・出産」に関するアンケート調査を実施し結果を発表した。調査期間は9月26日〜29日。

調査ではまず、仕事で「管理職」になりたいと思っている女性がどれくらいいるかを調査したところ、「なりたい」と回答した人は、20〜39歳未婚女性では8.6%、40〜65歳既婚子持ち女性はわずか2.6%という結果となり、未婚・既婚に関わらず、管理職願望を持っている人は10%未満とごくわずかであることが明らかとなった。

「なりたい」と思っている人の理由としては、20〜39歳未婚女性では「給料が上がるから」(34歳)が最も多く、対して40〜65歳既婚子持ち女性は、「責任のある立場で業務を行い、給与面でも満足したいから」(43歳)や「仕事をするうえで、やりがいがあるから」(58歳)といった理由が多く見られた。

○未婚女性46.1%が出産後も「仕事をしたい」と回答

次に、20〜39歳未婚女性を対象に、「あなたは、仕事と結婚・出産についてどう考えますか?」と質問したところ、最も多かった回答は「出産したらいったん仕事をやめ、子育てが落ち着いたら再び働きたい(25.6%)」で、次に「産休・育休などを活用して、結婚・出産しても仕事は続けたい(20.5%)」と、46.1%が「子どもを産んだ後も仕事をしたい」と考えていることがわかった。また、その理由については、「お金が必要だから」という意見が多かった。

○結婚・出産後の理想と現実

次に、40〜65歳の既婚子持ち女性を対象に、仕事と結婚・出産についての理想と現実について調査した。結果、「結婚したら仕事はやめたかった(25.0%)」「出産したら仕事をやめ、専業主婦になりたい(15.5%)」と、およそ4割が結婚や出産を機に仕事をやめたいと考えていたことが判明。また、「出産したらいったん仕事をやめ、子育てが落ち着いたら再び働きたい(26.5%)」、「産休・育休などを活用して、結婚・出産しても仕事は続けたい(20.5%)」と、47.0%が仕事を続けることを理想としていたことが明らかとなった。

対して現実はというと、5割以上の人が「結婚したら仕事はやめた(33.7%)」や「出産したら仕事をやめ、専業主婦になった(17.9%)」と回答。また、「出産したらいったん仕事をやめ、子育てが落ち着いたら再び働いた(21.7%)」や「産休・育休などを活用して、結婚・出産しても仕事は続けた(12.5%)」と、実際に出産後も仕事をしている人は34.2%という結果となった。

○女性が考える「女性の活躍」に必要なこと

最後に、「女性が社会で活躍するために必要なことは何だと思いますか?」と聞いてみたところ、20〜39歳未婚女性の支持率が最も高かったのは、「職場の産休・育休・短時間勤務等の充実(42.4%)」だった。次いで「子育て後に元の会社に復帰できる仕組み(37.0%)」、「出産・子育てに対する職場の理解(29.6%)」と続いた。

一方、40〜65歳既婚子持ち女性の1位は「子育て後に元の会社に復帰できる仕組み(40.1%)」で、2位が「職場の産休・育休・短時間勤務等の充実(36.8%)」、3位は「出産・子育てに対する職場の理解(36.7%)」という結果に。

これらの結果を受けて、「女性の活躍を推していく上では、子どもを育てながら働けるよう支援するだけでなく、一度職場を離れた後再度復帰しやすい仕組みを作ることが、必要不可欠なのだろう」と調査ではコメントしている。

(アリウープ)