チャンスメイクでアピールなるか…西川周作「GKからでも狙いたい」

写真拡大

 日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2014のジャマイカ代表戦に向けた前日練習を、試合会場のデンカビッグスワンスタジアムで行った。

 浦和レッズに所属するGK西川周作は、ジャマイカ戦について「クロスに対してフリーでやらせないとか、球際に強くいくというのをやっていかないと、セカンドボールも拾えないと思うし、強くいきたい」とコメント。「ジャマイカはリスクマネジメントの面ではおろそかになりがちなので、GKからでもチャンスがあれば狙っていきたいと思います」と、チャンスメイクにも意気込みを見せている。

 また、「Jではなかなか経験できないようなシュートの威力、タイミング、体の強さはあると思う」とジャマイカの特徴を挙げており「ボールがない時にいかに集中力を高めるかがポイントになってくると思う」と同試合を見据えた。

 これまで正GK川島永嗣の控えとなっていた西川は「みんなで勝利という形で試合後に喜べればベストだと思います」とし「チャンスをもらえた時にいつもどおりのプレーを心がけたいし、特別何かをしようというのはない。自信を持って楽しみたいと思います」と出場への意欲も語っている。

 日本代表は、10日に新潟で行われるジャマイカ戦後、14日にシンガポールでブラジル代表と対戦する。