写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本気象協会が運営する天気予報専門サイト「tenki.jp」はこのほど、台風19号の接近に伴う3連休の各地の天気予報を発表した。

気象庁が10月10日10時前に発表した最新情報によると、台風19号は沖縄の南の海上を時速10キロのスピードで北上。中心の気圧は920hPaで、最大瞬間風速は70m/sとなっており、非常に強い勢力を保ったまま日本列島に接近している。

このままいくと12日の午前9時には奄美大島の南南西約130kmの地点付近(中心気圧935hPa、最大瞬間風速65m/s)に、13日午前9時には九州の南付近(中心気圧950hPa、最大瞬間風速60m/s)に存在すると予想され、11日から13日までの3連休に影響を及ぼすと見られる。

台風19号の接近に伴い、「tenki.jp」は10月9日の21時に発表された台風予想進路図を基に日本の各地の3連休の天気予報を同日深夜に発表している。

その予報によると、沖縄・奄美は11日に雨・風ともに強く大荒れになる見込みで、九州地方から近畿地方は12日から次第に雨が降り始め、13日にかけて大荒れになる恐れがあるとのこと。

東海〜関東地方は13日から14日にかけて台風の影響が出る可能性があり、台風18号によって東海地方では浸水被害が多く見られたことから、「側溝の掃除など、台風への備えを早めにしておきましょう」と注意を呼びかけている。

東北・北海道地方も東海から関東と同じく、13日から14日ごろにかけて雨や風が強まる恐れがあるとされている。

また、台風18号と合わせて2週連続での台風上陸の可能性が出てきたことを受け、Twitter上では

「これは勘弁してほしい…」

「連休に来たって誰も幸せになれへんで」

「縦断かぁ…。台風列島…」

などの恨みの声が数多く見られている(すべて原文)。

なお、最新の台風情報は気象庁などで確認できる。