7月に決勝弾を決めた新潟で得点狙う武藤「良い感触は残っている」

写真拡大

 日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2014のジャマイカ代表戦に向けた前日練習を、試合会場のデンカビッグスワンスタジアムで行った。

 記者団の取材に応じたFC東京に所属するFW武藤嘉紀は、「もし出た時に自分がやれることは確認して、明日は間違えないようにしていきたいなと思います」とジャマイカ戦を見据えた。

 また同スタジアムは、7月23日に行われたJ1第16節でアルビレックス新潟と対戦したときに、武藤が決勝ゴールを決めた場所でもあり「この間に関してはゴールも決めたんで、良い感触は残っていると思うので、明日出せればベストかなって思います」とコメント。「明日もああいうゴールを決められたら、チームが楽になると思うので、積極的に、貪欲にGKとDFラインの間に入って行くことも点を取るのに大事になってくるのかなって思います」とジャマイカ戦でのゴールに意欲を語った。

 日本代表は、10日に新潟で行われるジャマイカ戦後、14日にシンガポールでブラジル代表と対戦する。