厳島神社でヤマトのヒット祈願、日本三景とのコラボ企画の一環で。

写真拡大

「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」のヒット祈願イベントが9月末、広島県の厳島神社にて行われ、西崎彰司企画プロデューサー、森雪の美人コスプレイヤーらが出席した。

このヒット祈願は、「宇宙戦艦ヤマト」と「日本三景観光連絡協議会」のコラボ企画の一環として行われたもの。ヤマトと“日本三景”(宮島、天橋立、松島)の景観光連絡協議会は、今年、共に40周年を迎えた。それを機に「青い海、緑の故郷を守る存在」という観点からタッグを組み、今年7月から来年春までの期間、さまざまなイベントを企画・実施している。

今回のイベントでは、世界遺産である厳島神社の本殿にて厳粛な雰囲気のもと祈願が執り行われ、祈願後には厳島神社のシンボルである大鳥居をバックにフォトセッションも行われた。

西崎プロデューサーは「神聖な雰囲気の中、『宇宙戦艦ヤマト2199』劇場映画のヒットを祈願してきました。広島は、呉などがありヤマトゆかりの地であること、昨年のテレビ放送が好視聴率を記録したことなどから、このたび広島に伺いました。歴史の深い世界遺産・厳島神社でヒット祈願をさせていただき、感動いたしました。是非、『宇宙戦艦ヤマト2199』劇場映画に多くの人が足を運んで下さいますよう、よろしくお願いいたします」とコメントを寄せている。

なお、この模様は10月10日にRCC(中国放送)の人気番組「イマなまっ!」にて放送される予定。番組には西崎氏も出演する。