「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」の様子

写真拡大

10月9日(木)にLINEの新サービスの発表会「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」が開催されました。

昨年は「LINEビデオコール」「LINE Music」「LINEモール」などのサービスが発表されました本イベント。今年は「LINE Maps for Indoor」「LINE Pay」「LINE@ ID」といった新サービスが発表されました。

LIFE」をというキーワードをテーマに、2014年中にかけて続々リリースされる予定で、増々スマートフォンが便利に使いやすく、かつ安心・安全になりそうです。

屋内施設向け地図アプリ「LINE Maps for Indoor」


LINE Maps for Indoor



LINE Maps for Indoor」は屋内施設向けの地図アプリ。百貨店やショッピングセンターなどの商業施設内での道案内をしてくれます。

正確な店名はもちろん、営業時間電話番号などの店舗情報も掲載されます。

現在の店舗内の位置から店舗までの最適なルートを示し、案内板を確認するようなライフスタイルから開放されそうです。

実際の使用イメージ/「LINE Maps for Indoor」のWebサイトより

実際の使用イメージ/「LINE Maps for Indoor」のWebサイトより



まずは渋谷ヒカリエや東京ミッドタウンなどの東京近郊の約40施設の地図から開始される模様。

東京近郊の約40施設から開始

東京近郊の約40施設から開始



サービス公開は2014年秋頃を予定しており、対応言語は日本語・英語・中国語簡体字・中国語繁体字・韓国語の5言語。海外から訪れた人も商業施設を利用しやすくなります。

決済機能「LINE Pay」


LINE Pay



LINE Payはその名の通りLINEの決済機能です。

オンライン・オフライン問わず、LINEやLINE関連サービス、さらには提携店舗やWebサービス・アプリでの決済をLINEで行えるようになります。

決済は登録したクレジットカードか事前のチャージで可能。チャージは銀行口座経由かコンビニエンスストアで可能。チャージ金額の上限は10万円となります。

もちろんLINEのメッセージを通して送金することもできるようになり、飲み会や共同購入での代金を一人が立て替え、他の人が立て替えてくれた人にLINEで送金するというようなライフスタイルが目に浮かびます。

出金機能も搭載しており、主要なコンビニエンスストアのATMから引き下ろせるようです。

セキュリティにも万全を期しており、LINEとは別の二次パスワードの設定に加えて、PCサイトでの決済にはスマートフォンでの2段階認証を導入予定です。また、iPhone 5s以降の場合はApple Touch IDによる指紋認証にも対応します。

サービス開始は2014年冬頃を予定しています。

また、LINE Payと連携する2つの+αサービスも発表されました。

LINE Pay + α

LINE Pay + α/LINE Payと連動した新サービスは2つ!



【次のページ】数回のタップでいつでもどこでもタクシーを呼べる!?

数回のタップでタクシーを呼べる!「LINE TAXI」


LINE TAXI



LINE TAXIはLINEアプリから数回のタップだけでGPS情報を元に、今いる場所にタクシーを呼べるようになるサービスです。決済はもちろんLINE Payで済ませることが可能です。

これは、日本交通株式会社とのコラボレーションによって可能になったサービスで、サービス開始当初は日本交通直下の約3,300代のみの対応ですが、将来的には提携するタクシー事業者123グループ・約22,000代のタクシーが対象となる予定です。

さらに世界展開も構想しており、世界中の様々な都市でもLINEひとつでタクシーを呼べるようになるかもしれません。先行するアプリ・Uberの大きなライバルとなりそうです。

フードデリバリー「LINE WOW」


LINE WOW

LINE WOW/「LINE WOW BLOG」より



LINE WOWはLINE Payで支払うことができるデリバリーサービス。

韓国最大のフードデリバリーを展開するWoowa Brothers Corp.との共同出資による新会社・LINE Bros.株式会社を設立し、フードデリバリービジネスに参入します。

第一弾として麻布十番の和食店「おさぎ」や広尾のフレンチ「ア・ニュ」など世界的に高い評価を受けている名店からのプレミアムランチが提供されます。

2014年秋にサービス開始予定で、開始当初の配達エリアは東京都渋谷区内限定のソフトローンチとなるよう。

配達に使われるバイク

配達に使われるバイク



将来的にはフードデリバリーで構築された配達インフラを他の領域にも拡大させていく予定だそうで、新たな配送ネットワークにも期待ができそうです。商品を買ったら数時間で届くようになる未来もすぐそこかもしれません。

一般ユーザーに開放される「LINE@ ID」


街の様々なところからLINE@ IDで情報発信されるイメージ

街の様々なところからLINE@ IDで情報発信されるイメージ



LINE@ IDはこれまで、実店舗限定のビジネス向けサービスとして展開されていたLINE@を広く一般ユーザーにも使えるようになるサービスです。

これは、プライベートのLINEとは完全に分離されており、もうひとつのLINEアカウントをもつようなイメージ。ユーザーは専用のLINE@アプリから広く一般に公開される投稿ができます。Twitterとの類似性が指摘されそうなサービスです。

これまでのLINE@とLINE@ IDの違い

これまでのLINE@とLINE@ IDの違い



これにより、気になる店舗や法人・個人から定期的に情報をキャッチできるようになります。ブロガーやメディアなどの利用が積極的に行われそうです。

サービス開始は2014年内を予定しており、当初は日本のみで順次グローバル展開していく予定となっています。LINEが「LIFE」をテーマに発表したこれらのサービスによって本当にライフスタイルが変わりそうな予感にワクワクが止まりません。