新ポジションに意欲をみせる香川真司「クオリティを示すチャンス」

写真拡大

 日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2014のジャマイカ代表戦に向けた前日練習を、試合会場のデンカビッグスワンスタジアムで行った。

 代表チームではインサイドハーフでのプレーが濃厚となっているドルトムント所属のMF香川真司は、ポジションについて「非公開なんで」とするも「自分のクオリティを示していけるチャンスだと思ってるし、どんなポジションであれ、自分のよさを出していけるように頑張ります」と、新しいポジションに意欲を見せた。ポジションが今までとは比較的に低めとなるが「僕は両方求めたいです」と、ポジションメークと得点の両方に絡むことを誓った。

 ハビエル・アギーレ監督の下、初招集となった香川はチームについて、「まだ試合をやってないんで何とも言えないんで、明日の試合でどこまでできるかっていうのが物差しになると思います」とコメントし、「明日しっかりといいプレーができるようにどんなポジションでも頑張ります」と翌日の10日に控えたジャマイカ戦を前に、意気込んでいる。

 日本代表は、10日に新潟で行われるジャマイカ戦後、14日にシンガポールでブラジル代表と対戦する。