初選出の小林、夢を叶えるも「これからが勝負」

写真拡大

 日本代表初選出となったFW小林悠は、代表デビューに向けて静かに闘志を燃やしている。

 初選出ながらもチームメイトと話し合いを重ねる中で、少しずつ自分の持ち味を出せてきたと小林は手応えを得ている。「パスが来なかったら、その都度、出し手の選手と話をしているので、段々自分の良さも出せるようになってきました」と話すと、「自分の良さを出すのが一番チームのためになると思う」と自身の持ち味を発揮してチームに貢献しようとしている。

 今回、小林とともに麻布大渕野辺高の同級生であるDF太田宏介も代表に選出された。小学生時代から知り合いで、高校時代には『日本代表のユニフォームを一緒に着よう』と目標を立てていた2人は、夢を一つ叶えたことになった。

「2人で実現できたことはすごいうれしいです。感慨深いというか。代表で一緒にボールを蹴ったときに、何か懐かしい感じがしました」と喜びを口にしつつも、本当の勝負はこれからだと顔つきを変えた。

「うれしいですけど、これからが勝負だし、代表に残っていくことが一番の目標なので。そこはしっかりとアピールして、2人で試合に絡んでいけたらいいかなと思います」と力強く語ると、「動き出しの部分で相手を外してチャンスにドンドン絡んでいくところを出していきたい」と視線を上に向けて話した。

(取材・文 折戸岳彦)