ジャマイカとの過去3試合すべてに先発出場したのは、この中田英ただひとりだ。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

 日本代表は10月10日に新潟でジャマイカと、同14日にブラジルとのテストマッチ2連戦に臨む。今回は香川真司、ハーフナー・マイクらが代表復帰を果たし、小林悠や塩谷司、鈴木大輔といった、さらなる新戦力の招集などもあって見どころは多い。9月シリーズとはまた異なる顔を見せてくれそうだ。
 
 さて、10日に対戦するジャマイカとは、日本は過去三度対戦している。戦績は、1勝1分け1敗。いずれも、日本にとってあらゆる意味で節目となる試合を、このジャマイカとは戦っている。
 
 初めての対戦は、岡田武史監督率いる日本が初出場した1998年フランス・ワールドカップのグループリーグ第3戦だ。すでにアルゼンチンとの第1戦、クロアチアとの第2戦をともに0-1で落とした日本はグループリーグ敗退が決定。ジャマイカも2連敗で敗退が決定しており、互いに消化試合として迎えた第3戦だった。
 
 しかし、この試合は単なる消化試合ではなかった。ともにワールドカップ初出場。歴史的な初勝利を賭けた一戦だったのだ。この試合のスタメンは以下の通り。
GK川口能活(横浜M)/DF井原正巳(横浜M)、秋田豊(鹿島)、小村徳男(横浜M)/MF名良橋晃(鹿島)、相馬直樹(鹿島)、山口素弘(横浜F)、名波浩(磐田)、中田英寿(平塚)/FW中山雅史(磐田)、城彰二(横浜M)
 
 試合は、序盤から日本ペースで進んだ。中盤の構成力でジャマイカを圧倒し、次々と決定機を築いていく。しかし、ここまで無得点の日本はこの試合でも決定力不足を露呈。すると、38分には相手のロングボールからピンチを迎え、ウィットモアにあっけなく先制点を許してしまう。
 
 後半に入っても、日本はいい流れを保って攻め込むものの、ゴールが遠い。そして54分にはカウンターからまたしてもウィットモア。右サイドをドリブルで駆け上がられ、最後は左足で川口のニアサイドを射抜かれた。
 
 日本にとって待望のワールドカップ初ゴールが生まれたのは、終盤の74分だった。名波からパスを受けた左サイドの相馬が、ファーサイドへ大きなクロスを入れる。これを途中出場の呂比須ワグナーがヘッドで折り返し、待っていた中山が右足でプッシュした。ちなみに中山は、このゴールから3分後には右足を骨折しているが、そんな素振りも見せずにフル出場した。
 
 79分には名波に代わって、18歳の小野伸二がワールドカップのピッチに立つ。投入直後にはジャマイカの守備陣を手玉に取る股抜きからのドリブルシュートで、豊かな才能を示した。新星の登場とともに、終盤は完全に流れを掴んだ日本。あとはいつ同点ゴールが生まれてもおかしくない展開だったが……。
 
 結局日本は1-2でジャマイカに敗れている。初めてのワールドカップは3戦全敗。岡田監督は、ジャマイカ戦後に大会を振り返ってこう述べた。
「選手は100パーセントの力を出してくれたが、勝たせてやれなかったのは私の責任。ただ、信じたやり方を100パーセントやってきた。後悔はしていません」

【日本 1-2 ジャマイカ】フランス・ワールドカップ グループリーグ第3戦
 二度目の対戦は、フランス・ワールドカップからちょうど2年後の2000年6月。モロッコで行なわれたハッサン2世国王杯である。この大会は、開催国のモロッコに、フランス、ジャマイカ、日本を加えた4チームによるトーナメント戦。その初戦で日本は、ジダンやデシャン、デサイーといった錚々たるメンバーを擁するフランスを相手に大善戦を見せる。PK戦の末に敗れはしたものの、森島、西澤のゴールで90分を2-2で終えたのだ。
 
 3位決定戦となったジャマイカ戦は、中1日というタイトな日程のなかで行なわれたが、日本はこの試合で2年前の雪辱を見事に果たす。
 この試合のスタメンは以下の通り。
GK川口能活(横浜)/DF森岡隆三(清水)、松田直樹(横浜)、中田浩二(鹿島)/MF上野良治(横浜)、名波浩(ヴェネツィア)、伊東輝悦(清水)、中村俊輔(横浜)、中田英寿(ローマ)/FW城彰二(バジャドリー)、西澤明訓(C大阪)
 
 フランス・ワールドカップ後に就任したフィリップ・トルシエ監督に率いられた日本は、新世代の選手たちが次々に台頭。最終ラインの顔ぶれは一新され、中盤には中村俊や99年のワールドユース準優勝に貢献した小野、稲本潤一などが頭角を現わしてきた。
 
 このジャマイカ戦は、前半こそ動きが鈍かったものの、後半に攻撃陣が爆発し、一気に4ゴールを奪った。まずは、2年前のワールドカップでは得点を決めきれなかった城が先制点を含む2ゴールを挙げると、途中出場の三浦淳宏が3点目をマーク。そして、トリを飾ったのが、73分から出場した三浦知良だ。
 
 中田英のアシストからトドメの4点目を奪い、試合を決めた。このゲームはカズにとって、現時点での最後の国際Aマッチの出場で、最後の得点となっている。2000年の韓国戦にも招集されているが、出場はしておらず、以降代表のユニホームに袖を通す機会は訪れていない(フットサル日本代表では2012年に出場)。
 
 2000年のジャマイカ戦は、図らずも日本サッカーの歴史を切り開いてきた男が、代表の舞台から姿を消す節目の試合となった。

 
 さらに、2年後の2002年10月。三度目の対戦は、日韓ワールドカップ後に発足したジーコジャパンの船出となる一戦だった。
 
 この試合の見どころは、やはりジーコ監督が就任直後から掲げていた“黄金のカルテット”が揃い踏みし、いかなるパフォーマンスを見せてくれるのか、という点に尽きたと言っても過言ではなかったはずだ。
 この試合のスタメンは以下の通り。
GK楢粼正剛(名古屋)/DF秋田豊(鹿島)、松田直樹(横浜)、名良橋晃(鹿島)、服部年宏(磐田)/MF中田英寿(パルマ)、中村俊輔(レッジーナ)、小野伸二(フェイエノールト)、稲本潤一(フルアム)/FW鈴木隆行(ゲンク)、高原直泰(磐田)
 
 ゲームは序盤から日本が攻勢に出る。中田英と中村が絶妙な距離感を保ってパスワークの起点となり、小野、稲本が中盤のリンクマンとして的確な配球を見せる。まさにカルテットが日本の攻撃をリードして徐々にゴールに迫っていった。
 
 そして開始早々の7分に、満員の国立が歓喜に揺れる。ハーフウェイライン付近で稲本と小野がプレッシャーをかけてボールを奪うと、中田英を経由して高原が素早くドリブルで直進。右サイドでフリーの小野が高原からパスを受けると、左足インサイドでゴールへ流し込んだ。果敢なボール奪取から、鋭い速攻とともに後方から走り込んできたMFがゴールを奪う。理想的な形で生まれたゴールだった。
 
 ところが、日本はその後、攻撃の歯車が噛み合わない。5バックに加え、中盤センターに人を多く配したジャマイカの布陣に、日本は得意のパスワークを封じられてしまう。流れが滞ると、狙い澄ましたインターセプトからカウンターを発動され、ピンチを招くようになっていく。
 
 それでも、日本はクオリティーの高い中盤を軸に攻撃の手を緩めず、全体的にはチャレンジする姿勢を見せ続けたが、フィニッシュの精度を欠く場面が多発。早い時間帯に追加点を奪っていれば、試合を決められたはずの日本は、80分にロングボールから巨漢FWのフラーに同点弾を許し、結局1-1のドローで終了した。
 
 その後、“黄金のカルテット”は完成形を見ないまま、ジーコ監督の構想は水泡に帰すことになり、2006年のドイツ・ワールドカップもグループリーグ敗退に終わる。初陣となったこのジャマイカ戦は、日本が誇る最高レベルのタレントたちの結集に、最も期待感が充満していた頃だったのかもしれない。