8日深夜放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、中居正広SMAP結成当初の知られざる過去を明かした。

この日の放送は、同番組のゴールデンスペシャルで放送されなかった「禁断トーク」をランキング形式で放送。その中で、中居からSMAPの結成秘話が語られた。

SMAPは、光GENJIや少年隊のバックダンサーをやっていた12人くらいのジャニーズJr.の中から6人が選ばれ1988年に結成されたのだが、中居によると、当初メンバーは固定されていなかったというのだ。

中居は「(当時)SMAPになったときも(メンバーが)入れ替わったりするの。今TOKIOの国分太一がたまに入ったりだとか、V6の坂本(昌行)が誰かの代わりに入ったりとか。SMAPっていうジャニーズJr.の中のグループみたいな」と、メンバーが入れ替え制だったと明かした。

中居は、そんなSMAPもメンバーは「1年ぐらいして固定されてきた」と語ったが、結成当初はメンバーが固定されていなかった事実にほかの出演者も驚いていた。

【関連記事】
城島茂がデビューを渋ったTOKIOの結成秘話を明かす 「契約書に判を押すか押さないかで揉めた」
爆笑問題に厚い信頼を寄せるSMAP 中居が「爆笑さんしかいない」と田中に感謝する
中居正広が10代の頃にSMAPで起きたケンカを暴露 草なぎ剛が森且行に八つ当たりされて号泣