香川真司がブラジルW杯以来、約4カ月ぶりに日本代表に帰ってきた。

 9月に行なわれたハビエル・アギーレ監督の初陣で、ケガのために招集が見送られた香川にとっては、新監督就任後、初めて臨む日本代表での試合になる。

「W杯がああいう結果に終わってしまい(グループリーグ敗退)、すべてにおいてまだまだ不十分というか、課題が残った。あの悔しさをもう一回、繰り返すわけにはいかない」

 香川はそう語って、新たなスタートに意欲を見せる。

 香川が復帰したことで注目されるのは、そのポジションだ。9月の2試合(ウルグアイ戦0−2、ベネズエラ戦2−2)で、アギーレ監督が採用したフォーメーションは4−3−3。そのなかで、香川に託されるポジションはどこかと考えたとき、過去の日本代表での起用を踏まえると、左FWが有力とも思われた。

 だが、アギーレ監督は今回の代表メンバー発表時に「香川はトップ(FW)でも、MFでもプレイできる」としたうえで、こう話している。

「4−3−3の中盤で見たい。(2010年に)ドルトムントでプレイし始めた頃もそこでプレイしているし、マンチェスター・ユナイテッドでも最後のほうはそのポジションでプレイしていた。基本的には4−3−3の中盤の選手と考えている」

 指揮官の構想は、10月6日に始まったトレーニングの様子からも明らかだった。

 例えば、5人1組でパスを回す練習。4人が四角形を描くように立ち、ひとりだけがその四角形の真ん中に入ってパスを回すなかで、「真ん中に立つひとり」を務めていたのが柴崎岳、森岡亮太、田中順也、そして香川。香川以外は、いずれも9月の2試合でMFを務めた選手ばかりである。その他の練習メニューでの選手の組み合わせなどから考えて、逆三角形に並ぶ中盤3人のうちの左前、いわゆる「左インサイドMF」が香川に与えられるポジションになりそうだ。

 はたして香川のMF起用には、どんな狙いがあるのだろう。

 まずは前提として、香川がパスの受け手だけではなく、出し手にもなれるということが挙げられる。つまり、香川の能力を最大限に生かそうと思えば、3トップよりも1列下がったポジションに置くほうが有効だということである。

 今季ドルトムントに復帰してからのプレイを見ても、香川は自らがゴールを決めるだけでなく、巧みなラストパスでアシストするなど、攻撃のアイデアが豊富でチャンスメイクにも長(た)けている。もともとボールに数多く触れてリズムを作るタイプでもあり、中盤に置くことでチーム全体のパスの回りを円滑にする効果も期待できる。

 その一方で、やはりパスの受け手として非凡な才能を持つことも確かである。とりわけ狭いスペースにトップスピードで走り込み、フィニッシュにつなげる能力は卓越している。3トップが作り出したスペースに香川が飛び出し、ゴールを決める。アギーレ監督が頭に描くのも、そんなシーンのはずだ。

 新指揮官の下での練習を終え、「ポゼッションのときもそうですが、速くボールを回すことの意識であったり、縦に入れることの意識であったり、そういうことが要求される練習が多かった」と香川。そのなかで香川に期待されるのが、ゴールへの最後の仕上げということになるのだろう。

 9月の2試合を見ても攻撃時に中盤が押し上げられず、3トップとの距離が離れてしまうケースが目立った。その結果、攻撃に厚みが作れず、ゴールを奪う以前になかなかチャンスにさえ至らなかった。

 主にインサイドMFで起用された細貝萌、柴崎の本職はボランチで、田中はFW。相手ディフェンスの間でボールを受けながら3トップと連係していくというタイプの選手ではないだけに、香川の起用が新たな展開を生み出す可能性は十分にある。

 また、香川はザッケローニ前監督時代には主に4−2−3−1の左MFを任されながら、サイドでボールを待ち切れずに中央に入ってきたり、低い位置までボールを迎えにいったりと定位置を離れてしまうことが目立った。それを考えれば、香川のMF起用はチーム全体のバランスを保つためにも有効な策となりうる。

 香川自身、ポジションについては「監督が決めること。選手はそれに従うだけ」と素っ気ない様子を見せながらも、新たな挑戦を前にこう語っている。

「4−3−3もそんなにやったことがないし、(アギーレ監督が)どういう考えなのか、どういうスタイルなのかというのを、練習やミーティングで確認していけたらいいなと思う」

"MF香川真司"が、新生・日本代表に新たな魅力を加えられるかどうか。4カ月ぶりに帰ってきた背番号10に注目したい。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki