ヒロミ

写真拡大

8日放送のバラエティ番組「ナカイの窓 秋の2時間SP」(日本テレビ系)で、ヒロミが「ボキャブラ天国」時代のアンタッチャブル・山崎弘也を「酷かった」と評した。

番組には、ヒロミのほか、所ジョージ、爆笑問題の田中裕二、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が出演し、それぞれの「芸能界における活躍の歴史」を年代ごとに振り返った。そんななか、ヒロミが語ったのは、司会を務めていたお笑い番組「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)の裏側。スタジオには同番組の常連芸人だった元パイレーツの西本はるか、金谷ヒデユキらも登場した。

ヒロミは、当時人気だった金谷ヒデユキのふてぶてしい態度を暴露。しかし、金谷よりも呆れた態度をとられた人物として挙げたのが山崎だった。ヒロミは「あいつが一番酷かったね。まったく喋んないから」と評した。

同番組に出演していた田中は「ザキヤマは、当時は一番若手だから。ほんとに人見知りで」とフォロー。ヒロミは「人見知りだし、しゃべらないのがカッコいいと思ってたから」と当時の山崎の性格を明かした。

【関連記事】
ヒロミが「坂上忍にナメられた」とさんまに告白
ヒロミが選んだ「付き合いたい女性タレントNo.1」は熊田曜子
ヒロミが事業の中で「芸能人が一番儲かる」とぶっちゃけトーク