日本GP決勝が行なわれた日曜の鈴鹿は、非常に強い勢力を持つ台風18号の接近によって朝から雨が断続的に降り続いていた。午後には雨脚が強くなることが早くから予想されており、予報通りならレース続行は不可能だろうという声が大勢を占めていた。決勝前にドライバーたちがオープンカーに乗ってコースを回るドライバーズパレードも中止になる可能性もあった。

 だが小林可夢偉は、たとえパレードが中止されたとしても自分だけはコースへ出て、応援に訪れてくれたファンに挨拶をするつもりでいた。1年のブランクを経て、F1ドライバーとしてまた鈴鹿に戻ってくることができたのは、なによりもファンのおかげという思いが強かったからだ。

「今年はファンの人たちがいて(カムイサポートの資金で)乗れたっていうことが一番大きいんで、やれるだけのことはやりたいなという気持ちはあります。ここに来てファンの人たちに手を振って声援に応えるっていうのが大事かなと思って」

 結局、雨脚が強まる中で決行されたパレードは、多くのドライバーが傘で顔を覆うようにして風雨をしのがなければならなかった。しかし、可夢偉だけは傘もささず、スタンドのファンに向けて手を振り続けた。

 それから1時間後、マシンがいよいよ決勝のグリッドへ並ぶ頃には雨が路面を打ちつけはじめ、瞬(またた)く間に豪雨になった。それはまるで、波に乗れないどころか最悪の流れにどんどん流され続けた日本GP週末の可夢偉を象徴するような雨だった。

 水曜の昼前になってようやく日本GPへの出場が決まった可夢偉は、その日の夜に鈴鹿入りして週末の戦いに備えた。木曜の恒例となっているコースウォークでは、そこに居合わせた一般のファンに囲まれて身動きが取れなくなるほどの事態に陥ることも一度や二度ではなかった。それでも可夢偉は笑顔を絶やさず、できる限りサインに応じ続けた。

 それは可夢偉の本来の思いとは違う。ドライバーは走りでファンを魅了し、結果で声援に応えるべきだというのが本心だ。しかし、今のケータハムのマシンでは、それは不可能と言わざるを得ない。だからこそ可夢偉は、少しでもファンに恩返しをすべくレース以外でも最大限の努力を惜しまなかった。

「現状で(他チームと)戦えるようなクルマではないんで、どこまでやれるかっていうのはありますけど、できるだけの走りはしたいし、最後まで走り切って、チェッカーを受けてからできるだけゆっくり走って頑張って観客席の皆さんに手を振りたいと思います」

 だが、可夢偉にとって4度目の鈴鹿で立てていたプランは、金曜から文字どおり音を立てて崩れていった。

 FP-1(金曜のフリー走行)を新人のロベルト・メリに譲り、午後のFP-2でいざこれからという時に、S字の入口でクラッシュ。走り始めてからわずか3周目の出来事だった。

「僕もよく分からないままクルマがオーバーステアになって反対を向いて、そのままコントロールできずにタイヤバリアに突っ込んでしまいました。それまでの2周でクルマ自体はアンダー気味だったんで、なぜあそこで突然オーバーが出たのか、ちょっと分からないです......」

 可夢偉の顔には、明らかに狼狽の表情が浮かんでいた。今年の鈴鹿はクラッシュが相次いだ。選手権リーダーのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)や3勝を挙げているダニエル・リカルド(レッドブル)でさえ、コーナーで挙動を乱してタイヤバリアの餌食になった。

 風が強く不安定で、マシンが追い風を受けてしばしば空力的に揺さぶられたこともその原因のひとつだったようだ。可夢偉のクラッシュもそれに起因するものだったのかもしれず、だとすればそれは不運としか言いようのない事故だった。

 タイヤバリアに当たった左リア以外はサスペンションも壊れておらず、一見するとマシンのダメージはさほど大きくなさそうだった。だが、ガレージに戻ってきたマシンをメカニックたちが調べてみると、このクラッシュの代償は予想以上に大きかった。

 リアカウルやフロアが破損しており、スペアがなかったために旧型のパーツへと交換せざるを得なかったのだ。結局のところ、ノーズ以外は夏休み明けのアップデートが施される以前の状態にまで戻さなければならなくなった。

 加えて、この日本GPに用意された新型フロントウイングはたったひとつしかなく、これはマーカス・エリクソンのマシンに装着された。彼の持ち込み資金がチーム運営の屋台骨を支えていることを鑑(かんが)みれば、それは仕方のないことだったのかもしれない。いずれにしても、可夢偉のマシンはエリクソンのそれに比べてデータ上で0.7〜0.8秒はパフォーマンスの劣るものになってしまった。

 さらに、可夢偉はFP-3の最後にブレーキトラブルに見舞われており、一度もオプションタイヤを試すことなく予選に臨まなければならなかった。もちろん、それに合わせたセットアップなどできているはずもなかった。

「きちんと練習走行をして、セッティングをして、オプションタイヤの感触も試せていたら、もうちょっとタイムは上げられたと思いますね。(新型フロントウイングを含めた)最高のパッケージを使えていれば、タイム的にはロータスと戦えたんじゃないかな」

 エリクソンに0.2秒先行されて21位で予選を終えた可夢偉は、そう言った。金曜のクラッシュに始まり、可夢偉の日本GPは最悪の流れへと傾いてしまっていた。53周の決勝も、大きなハンディを背負ったままのマシンで走らなければならないのだ。

「『16位を目指します』とか『17位を目指します』なんて言うてもしょうがないじゃないですか? だから、完走を目指して、最後は"楽しむこと"を一番に考えてレースをしたいと思います」

 これまでに走った3回全ての日本GPで何らかの見せ場を作ってきた可夢偉は、4度目の鈴鹿に向けてそう言った。※2010年7位入賞。2011年13位完走。2012年3位表彰台。

 午後3時に決勝が始まると、雨脚は気まぐれに強くなったり弱くなったりを繰り返した。セーフティカー先導によるスタートから赤旗中断を挟み、その後は小康状態の中でレースが再開され、路面は少しずつ乾いていった。

 ダウンフォース不足のハンディはウエットコンディション時の方が露骨に出る。そんな状態で可夢偉がなんとか周りについていくことは、最も難しく、腕と経験が要求される走りだった。

「こういうコンディションの時って、リスクを取るか安全パイを取るかっていうところが難しいんですけど、実際に飛び出したりする人も多かったじゃないですか。雨からドライになって、そこからまた少しずつ雨になってきてっていう時は、難しいんです。そこがどれだけ滑るかっていうのは、実際にそこに行ってみないと分からないんです。でもレースをしていたら待ってられないでしょ? 生き残らないと意味がないし、こうしてきちんと走り切りながらもギリギリまで攻めて走れたっていうのはよかったと思います」

 レースが終盤に差し掛かったところで、雨脚がやや強まってきた。その雨が15分ほど降り続くという予報がもたらされたのを聞いた可夢偉は、ギャンブルに打って出た。ライバルたちに先んじて、浅溝のインターミディエイトからフルウエットタイヤに交換しようというのだ。コンディションの変化によっては、タイヤの違いがラップタイムにして、1周で5秒も10秒もの差になることがある。

 しかし、ピットアウトしてみれば装着されていたのはインターミディエイト。チーム内の指示伝達が遅れたせいで準備ができていなかったのだ。結局、翌周に再びピットインしてウエットに交換しなければならなかった。

「あのまま(ウエットタイヤに換えて)レースが続いていたら結構良いところに行けていたのかなという気はします。セーフティカーが入って前とのギャップが縮まって、みんながインターミディエイトを履いている中で僕はウエットだったわけですからね。そこまで我慢して走って、最後に賭けが成功した可能性はあったとは思うんですけどね」

 その後、ジュール・ビアンキがスピンオフして車両撤去作業用の重機に激突するという不運な事故が発生し、レースはそこで終了となった。可夢偉の4度目の鈴鹿は19位で終わった。

「自分の力は出し切れたと思います。もうちょっと戦いたかったし、最後の(タイヤ交換のギャンブルの)チャンスを生かせなかったのが悔しいですね。週末全体の流れが、今シーズンで一番苦しかった。でも、この難しいコンディションの中で完走ができたのはよかったと思います」

 耳にしたばかりのビアンキの容体を気にしながらも、可夢偉はそう言った。

 しっかりと完走をし、チェッカーを受けた後はゆっくりと手を振って走った。最後のラップはセーフティカー先導中の赤旗中断というかたちでの1周になったが、可夢偉は観客席に向けて手を振ることを忘れてはいなかった。

「軽く振りましたよ、これでレースは終わりかなと思ったんで。あまり振りすぎて目立つとヤバいなと思いながら(苦笑)。でもファンの人たちが手を振ってくれているのも見えました。僕がコーナーを回るたびに旗を振ってくれているのが見えたし、それが力になって走れました。結果につなげられなかったのは残念ですけど、ファンの人たちの気持ちはしっかり伝わりました」

 運命の鈴鹿で、可夢偉は過酷な運命と闘った。そしてすべてを出し切った。

「2009年にここで初めて(F1公式セッションで)走ったのも運命的なストーリーやったし、あの時も雨でしたねぇ......。この鈴鹿から始まって、ここで終わるっていうことはやめようって冗談で言うてたんです(苦笑)」

 次のロシアGP以降の出場もまだ未確定の状態だが、このまま終わるつもりはない。F1での小林可夢偉のストーリーは、まだ終わらせたくない。ファンに見守られながら4度目の鈴鹿を戦って、可夢偉はそう強く心に刻んだはずだ。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki