吉野家「アタマの大盛」応援団長の竹達彩奈さん

写真拡大

吉野家が「アタマの大盛」を発売してから2014年10月10日で1周年を迎える。牛丼大盛のごはんを少なめにした商品で、吉野家1号店となる築地店で、特別に注文を受け付けていたものを定番メニューにした。販売数は累計1300万食となる。

発売1周年を記念して、以前から同商品のファンを公言し、「応援団長」を務める声優・歌手の竹達彩奈さんを起用したウェブ用オリジナルCMを配信する。

「だって目の前にしたら、我慢できないですよぉ」

竹達さんは「発売1 周年おめでとうございます!私がはじめて『アタマの大盛』をPRさせていただいてから、もう1 年なんですね。自分が映ったポスターが店内に貼られていたりしたので、ドキドキしながら吉野家さんに通っていました」と笑顔で語り、10月9日から配信するウェブCMの見どころについてコメントした。

「撮影用の『アタマの大盛』を、我慢できずにその場で食べちゃいました! 口の周りにごはんを付けながら...。だって目の前にしたら、我慢できないですよぉ」

6月のバースデーライブに同社から届いた巨大牛丼のエピソードにも触れ、「約60人分の巨大牛丼を、これからアンコールで歌うぞって時に、ステージ上で食べちゃったんです!今回で2度目ですね(笑)。ちなみに、巨大牛丼に入っていた生姜が、オリジナルのリンゴマークをかたどっていて、私の顔より大きくてビックリでした」と話した。

同商品の魅力を「食べれば食べるほど、ハマります!お肉が、たっぷり盛られていると幸せじゃないですか? 私のように、お肉が大好きな人には、たまらない」と言い、「実は今回の撮影時、足の指を骨折していたのですが、おいしい牛丼パワーのおかげで頑張れました! CMを見てくださいね〜」とPRした。

また、10月9日から吉野家モバイル会員向けのクーポンを配信するほか、10日からは店内で竹達さんによるコメントと、新曲「齧りかけの林檎」の放送が始まる。