「ガラパゴスの守り人」の、非営利組織にイノヴェイションをもたらした考え方

写真拡大

ガラパゴス諸島の自然遺産保全のため、調査・研究を続けてきた「チャールズ・ダーウィン財団」。その非営利な組織は、50年を超える歴史と大きな存在意義にもかかわらず、経営難を抱え、存続すら危ぶまれていたのだという。3年前、同団体の理事に就き財団を救った男、スヴェン・ローレンツに話を訊いた。復活のキーワードは、「テクノロジー」「リーダーシップ」、そして「ギヴ・アンド・テイク」の精神だ。

スヴェン・ロレンツ|SWEN LORENZ
チャールズ・ダーウィン財団理事。ドイツ生まれ。化粧品ブランドをはじめ、出版社や不動産ファンドなど、計6社を創業してきた起業家。ガラパゴスにおける学校設立プロジェクトにかかわるなかで、同財団よりオファーを受け、2011年より、現職。チャールズ・ダーウィン財団は国際的な非営利科学財団で、ガラパゴスの環境を保全するため、1959年から活動している。

「「ガラパゴスの守り人」の、非営利組織にイノヴェイションをもたらした考え方」の写真・リンク付きの記事はこちら

──シリアル・アントレプレナーであったあなたの主戦場は、これまで都市圏が中心だったのでは。それに比べて、いまガラパゴスで過ごす日々は、いかがですか?

とっても気に入っていますよ。自転車でどこへでも行けるし、熱帯性の気候も気持ちいいですね。何よりすばらしいのは、島中どこへ行っても動物たちを目にできること。島にあるオフィスには、いつも動物がやってきます。海イグアナも来るし、ヘビや鳥も…。彼らは、オフィスビルの階段を自分で上がってくるんです。

動物だけではないですね。ガラパゴスにはいろんな国からいろんな人がやってきますし、ともに働く同僚たちも、世界中から集まってきている。わずか15,000人しか住民のいない村に住んでいながら、人付き合いそのものは、ロンドンやニューヨークにいるのと変わりありません。

──そもそもチャールズ・ダーウィン財団の理事に就くことになったきっかけを教えてください。

ガラパゴスを訪れてみれば、それが人生を変える経験だと気づくはずです。元々旅行が好きで60カ国以上を旅して回っていましたが、9年前にガラパゴスを最初に訪れたとき、ここがほかにない、世界で唯一の場所だと直観しました。

そのとき、わたしはガラパゴスに学校を設立する活動をサポートしていたのですが、そのプロジェクトが大きな成功を収めることができました。それに目をつけたチャールズ・ダーウィン財団から、オファーをいただいたんです。

わたしは生物学者ではありませんが、この島の魅力に取りつかれ、組織を経営することにも興味があった。だから、このオファーが来たときにはまったくためらいもなく、受けることにしました。

わたし自身には、科学者としてのバックグラウンドはまったくありません。そうした人間が運営に関わっているというのは、おそらく初めてのことなのでは(笑)。しかも、わたしはそれまで、「従業員」として働いたことは一度もないんです。36歳になって初めて、雇用契約というものにサインしました。それからいま、3年が経ったというところですね。

──そうした背景での運営は、難しくはなかったですか?

会社も財団も、こと運営という点でいえば同じですよ。化粧品を取り扱う企業であろうが科学を専門とする財団であろうが、変わりはありません。50年の歴史をもつ組織で仕事をする上で、イノヴェイションをいかに取り入れるか取り組みましたが、みなリスクをとるのを恐れるものです。だからこそリーダーシップ、「いま、これをやって必ず成功させる」という意志が必要です。知識は限られているけれど、適切なアドヴァイスをできるように取り組むこと。あとは、常識的に判断すること。ほとんどの問題はこれで解決できますよ。

TAG

BiologyBusiness LeaderDarwinEntrepreneurNature

──あなたは、経営難に陥っていたチャールズ・ダーウィン財団を「立ち直らせた」。いったい何をしたのですか?

ガラパゴスにはそもそも、「リサーチ・ステーション」と呼ばれる施設があります。島に来た人たちが皆訪れるような施設なのですが、以前はそこに、われわれの活動を展示できていなかった。科学にかかわる者ゆえの、“オープンにしたくない”というカルチャーもあったため、せっかく来てくれた人も失望して帰っていました。

わたしがまずはじめたのは、その施設に観られるものを用意して、整備したことです。いまは次のステップを考えていて、一般ヴィジターたちが訪れることのできるミュージアムをつくること。これまでの苦しい経営を考えればとても野心的なプロジェクトで、これからの50年の財団のあり方を変えるでしょう。

──オープンにする、と言うと、昨年からはGoogleストリートヴューでガラパゴスを歩き回れるようになっていますね。

テクノロジーの活用は大切です。グーグルとのパートナーシップでは、デジタルメディアという手段をつかって、ガラパゴスを世界中の人に伝えたいと思っています。ガラパゴスには地理的な問題があって、訪れようにも簡単ではありません。でも、この島はとても興味深い物事で満ちている。それを世界の人たちに観てもらうのが、わたしたちの義務だと思っています。

公開するために収集された画像は、科学的な活動にも利用されています。グーグルと結んだ契約では、グーグルがコストの負担をし、実際の作業はリサーチ・ステーションが行うことになっています。ガラパゴスにあるさまざまな施設をつかって、科学的な調査を行う。この取り組みは、わたしたちが50年間やってきたことの延長にあって、そうした積み重ねは、世の中の一部を少しでも変えていると感じます。

──何かを変えている実感を持てるのは、本当に幸せなことですね。

そうですね、でも、もちろん仕事はハードワークですよ(笑)。これまでわたしが経験してきた仕事のなかでも、一番ハードだと思います。組織を完全に変えていくのは、大きなストレスがかかる仕事です。しかも、非営利団体を変えるというのは、民間企業を変えるよりさらに大変です。3年が経ったいま、ようやくその変化を実感できるようになりました。民間企業であれば1年でできたのでしょうが。

──1年の半分はガラパゴスで、もう半分は世界中を回っていらっしゃると聞きました。ガラパゴスを離れているとき、どんなお仕事をされているのですか?

わたしたちの活動は、世界中からの寄付で成り立っています。ですから、お金を出してくれる支援者や、出してくれそうな方々のもとを訪れることも必要です。

非営利団体、NPOが民間企業とどのような関係を築くべきか、まだまだ学ぶべき点が多くあります。NPOは習慣として寄付金を受け取れればそれでいいと思っていることが多いです。しかし民間企業との良好な関係を続けるには、ギヴ・アンド・テイクでなければなりません。

──民間企業に対してNPOは、いったい何を提供できるのでしょう。具体的に言うと?

例えば、いまスポンサーシップを結んでいる腕時計ブランド、IWCの話をしましょうか。われわれは、これまでに何度か、IWCのチーフエンジニアをガラパゴスのリサーチ・ステーションに招待しています。そして、彼らには海洋科学者といっしょに海でのダイヴィングを経験してもらいました。

そうすることで、ダイヴァーたちが何を求められているか、彼らはより明確に捉えられたと思います。また、時計をデザインするためのインスピレーションも得られたと思います。こうした取り組みがあるからこそ、パートナーとの緊密な関係をつくりあげることができるのではないでしょうか。

──そうしたギヴ・アンド・テイクの考え方は、財団に入る前から描いていたのですか?

チャールズ・ダーウィン財団はとにかく複雑なところで、準備しようもなかったです(笑)。でも、わたし自身が、そういう生き方をしてきたことは大きいかもしれません。人生で大事なのは、死ぬときにいくら墓場にもっていけるかではありません。生きている間に、自分のもっているリソースをどう使うかだと思っています。あまり長く分析に時間をかけていては、何もできません。失敗などというものはないのだから、心配する必要はない、そう言いたいですね。人生は短い、ですから。

スヴェン氏の腕にあるのは、IWCの「アクアタイマー・クロノグラフ “エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”」。ガラパゴス島で「種の起源」の着想を得、生物多様性に関する理論をまとめたチャールズ・ダーウィンの名を冠したモデルで、彼を乗せガラパゴス諸島まで航海した「HMSビーグル号」に着想を得ている。

TAG

BiologyBusiness LeaderDarwinEntrepreneurNature