男性に本音を聞いてみた! 「値引き交渉」をする女性をどう思う?

住んでいる地域によっては、買い物をするときに値引き交渉をするのが当たり前のところもあったりしますが、多くの人は提示された金額をそのまま受け入れ購入することが多いと思います。では、お店などで値引き交渉する女性について男性はどう思うのでしょうか? アンケートで聞いてみました!

Q.あなたは、お店などで値引き交渉をする女性をどう思いますか?

好印象……56.4%
あまり印象はよくない……43.6%

「好印象」と答えた男性が約56%と多数派に。では早速、それぞれの意見を見ていきましょう。まずは、「好印象」だと答えた男性の意見から。

■好印象/頼もしい

・「コミュニケーション能力に自信があるのだろうと思う」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「人見知りしない感じもするし、金銭面がしっかりとしていそう」(35歳/情報・IT/技術職)

・「自分が苦手だから頼もしい」(27歳/通信/営業職)

しっかりと自己主張できるという面で女性に頼もしさを感じる男性は多いようですね。値切り交渉は一方通行ではなく、相手との駆け引きが大事なのでコミュニケーション能力が高いという点でも好印象のようです。

■好印象/お金を大事にしている

・「できる限り安く買おうとする気持ちが好き」(33歳/商社・卸/営業職)

・「お金に関してしっかりしているのはいいことだから」(38歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

ムダなお金はできるだけ使いたくないという女性の姿勢に好印象を抱く男性も。結婚後に家計を任せてもしっかりとやりくりしてくれそうで安心できるのでしょうね。

一方、あまり印象はよくないという男性も少なくないようですが、その理由は?

■あまり印象はよくない/品がない

・「そもそも値引き交渉自体が日本では品がよくない(大阪は除く)」(26歳/通信/技術)

地方によっては値引き交渉をすることが日常的というところもあるようですが、やはり品がよくないと感じる人もいるようです。定価販売が一般的なところでは、店員さんも困ってしまいそうですね。

■あまり印象はよくない/ケチくさい

・「ひとりのときならいいが、一緒にいるときにされると自分もセコいように思われるので恥ずかしい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「倹約を通り越して、ケチな印象があり、引きます」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

自分が一緒にいるときに彼女に値引き交渉をされると自分まで恥ずかしくなるようですね。確かに、あまりにもしつこい交渉は倹約というよりもただのケチに思えてしまうこともあるので引き際を見極める必要がありそうです。

値引き交渉に好印象を持っているという男性でもTPOをわきまえてほしいという意見は少なくありません。お店の人や一緒にいる人を嫌な気分にさせてまで値引き交渉を続けない、定価で買うべきお店では値引き交渉をしないというのがマナー。それをわかったうえで、オトクに何かを手に入れることができればラッキーですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年8月にWebアンケート。有効回答数117件。22歳〜39歳の社会人男性)