ハリセンボンが“豚と河童”に、「西遊記」吹替で猪八戒&沙悟浄。

写真拡大

チャウ・シンチー監督6年ぶりの最新作「西遊記〜はじまりのはじまり〜」(原題:『西游 降魔篇』)の日本語吹替キャスト第2弾が10月8日に発表され、猪八戒役にお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜、さらに沙悟浄役に箕輪はるかが決定した。

近藤が演じるのは、浮気した妻を許せず相手と共に殺害し、その怒りによって醜いブタの妖怪と化した猪八戒。箕輪が演じるのは、溺れる子どもを助けようとするも誘拐犯と間違われ殺され、その憎しみから半漁半獣の妖怪と化した沙悟浄。どちらも「西遊記」にとって重要な役どころだが、ハリセンボンの2人は「今流行の妖怪役のお仕事をいただき、とても嬉しいです。頑張ります!」と意気込みを語っている。

また、後に三蔵法師と名を改めることとなる、主人公の妖怪ハンター・玄奘と天竺を目指す孫悟空役には、人気・実力No.1声優の山寺宏一を起用。山寺は「大好きなチャウ・シンチー作品にまたまた出演させていただき、ありえね〜ぐらい嬉しい!!」と喜びのコメントを寄せた。

なお、ほかにも玄奘の師匠に大ベテランの茶風林、妖怪ハンターでイケメンで女好きな病弱な剣の達人、空虚王子に声優界のアイドル神谷浩史、自分の足を自由自在に巨大化して戦う妖怪ハンター足じぃに大御所の羽佐間道夫が決定。

そして段率いるチーム・デュアン(段)の1人、チビ助に人気声優の田中真弓、段の恋の相談にのるキュートなスーメイにグラビア、CMモデルなど多方面で活躍する芸人の稲垣早希。空虚王子が縁起が良いと連れてあるく花おばさんに、数々の大人気キャラクターの声を演じてきた野沢雅子という布陣で脇を固める。

映画「西遊記〜はじまりのはじまり〜」は、11月21日(金)、TOHOシネマズ有楽座ほかロードショー。