米国内でエボラ出血熱感染が初めて確認された患者死亡 検査体制に疑問の声

ざっくり言うと

  • 米国内で初めて感染確認されたエボラ出血熱の患者が8日、死亡した
  • 米政府は国内5つの主要空港で到着客に対して感染検査を実施すると発表
  • 死亡した患者は入国後に発症しており、空港検査の有効性を疑問視する声も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング