[AFC U-19選手権]U-19日本代表が中国戦前日練習、南野「勝利に向かってやるべきことをやるだけ」

写真拡大

 U-19日本代表はAFC U-19選手権ミャンマー2014初戦の中国戦を翌日に控えた8日、当地で前日練習を行った。

以下、前日練習後のU-19日本代表選手コメント

●FW南野拓実

「個人的にもチーム的にも良い準備ができている。暑さに関しても4日前から現地に入っているので問題はない。(中国チームが警戒している選手として名を挙げていたが?)気にすることはない。僕が一人でどうこうするというサッカーではない。勝利に向かってやるべきことをやるだけ」

●MF関根貴大

「攻撃はもちろんだけど、守備でも自分のスピードを活かして、前線からのプレスやショートカウンターをやりたい。さらに、自分の持ち味であるドリブルをアジアに見せつけて得点に絡みたい。責任感があるし、日本のためにしっかりと戦いたい」

●DF三浦弦太

「(世界大会にずっと出られていない中で期待を受けている状況で)責任感があるし、主将は光栄。楽しんでやっていきたい。暑さにはみんな慣れて来て、練習の中でも良い組み立てができているので、チーム状態はポジティブに捉えている」

●DF坂井大将

「良い雰囲気なので、このままの勢いで初戦を迎えられたら良いと思う。自分が与えられた役割の中で、どれだけ力を発揮できるかだと思う。(左DFなら)縦パスや攻撃のテンポの組み立てでリズムを出せれば良いと思う。ただ、まずは、チームとしてしっかりと世界大会の切符を獲得したい」

(取材・文 平野貴也)
★この試合の模様はCSテレ朝チャンネル2で独占生中継!


▼関連リンク

AFC U-19選手権ミャンマー2014特集ページ