カナダの著名歌手、アイススケートをしながらの国歌斉唱で豪快にズッこける

写真拡大

アイスホッケーの試合前、颯爽とスケートリンクを滑りながら国歌を歌う人気歌手の映像が大きな話題となっている。

カナダで10月3日に開催された<VEES Game>で国歌斉唱を担当したのは、10代からアイスホッケー選手として活躍していたマーク・ドネリーさん。歌手になってからはバンクーバー・カナックスの国歌斉唱の御用達シンガーとしてドラマに登場するなど、地元では有名人だ。

この日もタキシード姿で登場し「オー・カナダ」を歌いながら自慢のスケーティングを披露したドネリーさんだったが、足元のレッドカーペットに気付かず足をすくわれ転倒。よろめきながら立ち上がろうとし国歌を歌い続けるも、厳かなシーンでの余りにもシュールな状況に観客席からは失笑が……。



転ぶ瞬間にマイクが拾ってしまった「アッ」という声がなんとも可笑しいこの動画。とはいえ、何事もなかったように観客にマイクを向けて国歌を歌うように促す姿はさすがプロフェッショナルである。