<TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central 事前情報◇8日◇TOSHIN Golf Club Central Course(7,004ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central」が明日9日より開幕。今季3勝を挙げ、賞金ランク首位を走る藤田寛之。先週は24位タイに終わり、今週の状態は「変わらずですね。先週は今やってることができなかった。方向性は間違ってないと思うけど、球筋が良くないんですよね」と自身の納得がいくショットが出来ていないことをぼやいていた。
「若手の意識改革が必要」藤田寛之が自身の年間3勝に苦言
 この試合の昨年の優勝スコアは24アンダー。「ショットが良くなればバーディ合戦についていけると思うけど、それでも24アンダーは想像できないな」と苦笑。それでも、「チェックして追及して、満足いくレベルにもっていければ」と賞金ランク首位を走る選手とは思えないほどの謙虚さで話した。
 「今は1位にふさわしいゴルフができていないと思うので、まずはそこを目指さないと」と進化し続ける“ゴルフ職人”はどこまでも自分に厳しい。この日もプロアマ戦のパーティが終わった後、ほとんどの選手がコースを後にする中、“チーム芹澤”の宮本勝昌や上井邦裕と居残り練習。日が暮れるまでパター練習を繰り返したが、この夕方の練習場には中堅・ベテラン選手の姿が目立った。
 「ダイヤモンドカップ」優勝時に40代の自分が3勝を挙げたことに「“おじさんゴルファー”が年間3勝しているジャパンゴルフツアーはどうなのか…それはあえて声を大にしたいですね」と苦言を呈した藤田。しかし、この日の夕暮れの練習場を見るとまだ国内男子ツアーは“おじさんゴルファー”たちが席巻しそうな雰囲気だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】倉本昌弘が考える国内男子ツアーが盛り上がらない理由とは
毎週厳選フォトをアップ!「女子プロ写真館」
女子大生からOLまで、美女ゴルファーを紹介!「美ゴ女」