“アンカー”起用は驚きよりも喜び…森重「自分に一番合っている」

写真拡大

 ブラジル・ワールドカップを終え、アギーレ・ジャパンとして始動した日本代表に森重真人は名を連ねた。本職のセンターバックではなく『アンカー』のポジションを任された森重が、今何を考えているのか。今月4日発売の『サムライサッカーキング11月号増刊』で語っている。

 森重は「本音を言うと、あのポジションはクラブでも一度はやってみたいと思っていました」と明かし、「アンカーは自分に一番合っているポジションだと思っていたので。だから、代表で任せてもらえてやりがいを感じましたね」と語った。

 驚きよりも喜びのほうが上回ったという森重は、「もちろん最初は驚いたんですが、ハビエル・アギーレ監督が『このポジションもできる』と判断してくれたことに喜びを感じました」と、そのときの心境を語った。

 同時に、チームの心臓とも言えるポジションにはプレッシャーも掛かる。「日本代表のアンカーとしては経験値的にまだまだレベルを上げなければいけないと思っています。もっと経験が必要ですし、もっともっと勉強する必要がある」と話す森重は、やりがいを感じるからこそ、与えられた『アンカー』というポジションで結果を出したいと意気込んだ。