『ハイスコアガール 公式ファンブック KAJIMEST』

写真拡大

スクウェア・エニックス(以下「スクエニ」)は10月8日(水)、SNKプレイモアの著作権を侵害していないことの確認を求めて、大阪地裁に提訴したことを明らかにした。

これは、マンガ『ハイスコアガール』がSNKプレイモアの著作権を侵害しているとして、出版元のスクエニが刑事告訴され、8月に家宅捜索を受けていたことによるもの。

スクエニ「著作権侵害の事実はない」



『ハイスコアガール』は、90年代に流行したアーケードゲームをモチーフに、少年・少女の青春を描く押切蓮介さんの人気マンガ。

作中には往年の名作ゲームの数々が登場し、単行本の巻末には著作権一覧が明記されていたものの、記載されていたSNKプレイモアには許諾を取っていなかったため、刑事告訴され家宅捜索、その後、同作の連載休止単行本の自主回収という事態にまで発展することとなった。

多くのファンを持つ人気作品だっただけに、その後の展開に注目が集まっていた。

今回の発表によると、スクエニは、SNKプレイモアが主張している著作権侵害の事実がないことの確認を求めて、債務不存在確認請求訴訟を提起。「当社の主張の正当性を民事訴訟の場において明らかにしていく所存です」とコメントした。

一方で、スクエニは家宅捜索以降、警察当局による捜査に対して全面的に協力しており、引き続き誠意をもって対応していく、としている。