日本代表の選手背番号が決定!!香川10番で森岡は17番に

写真拡大

 日本サッカー協会は8日、10日のジャマイカ戦(デンカS)、14日のブラジル戦(シンガポール)に臨む日本代表の選手背番号を発表した。

 背番号10は、ブラジルW杯以来の代表復帰となったMF香川真司(ドルトムント)。9月の代表戦で10番を付けたMF森岡亮太(神戸)は17番に変更となった。

 初選出のFW小林悠(川崎F)は19番、MF田口泰士(名古屋)は22番、DF塩谷司(広島)は16番に決定。背番号7は9月に続いてMF柴崎岳(鹿島)が付ける。

▽GK

1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ)

12 西川周作(浦和)

23 権田修一(F東京)

▽DF

2 水本裕貴(広島)

5 長友佑都(インテル)

21 太田宏介(F東京)

20 西大伍(鹿島)

16 塩谷司(広島)

15 鈴木大輔(柏)

3 酒井高徳(シュツットガルト)

▽MF

13 細貝萌(ヘルタ・ベルリン)

6 森重真人(F東京)

8 田中順也(スポルティング・リスボン)

10 香川真司(ドルトムント)

22 田口泰士(名古屋)

17 森岡亮太(神戸)

7 柴崎岳(鹿島)

▽FW

9 岡崎慎司(マインツ)

4 本田圭佑(ミラン)

18 ハーフナー・マイク(コルドバ)

19 小林悠(川崎F)

11 柿谷曜一朗(バーゼル)

14 武藤嘉紀(F東京)

(取材・文 西山紘平)