スクエニ『ハイスコアガール』巡りSNKを提訴―著作権侵害の事実なし

写真拡大

 スクウェア・エニックスは10月8日、同社発行のマンガ『ハイスコアガール』が、SNKプレイモアの著作権を侵害しているとし刑事告訴されている件で、SNKプレイモアを相手取り「著作権侵害の事実がないことの確認を求めた」訴えを大阪地方裁判所に起こしたと発表した。

【関連:休載発表の『ハイスコアガール』、『桃太郎活劇』も無許可】

スクウェア・エニックス発表文

 『ハイスコアガール』を巡っては、SNKプレイモアからスクウェア・エニックス及び出版部門関係者が刑事告訴されている。そして8月5日には、本社含め関係先が大阪府警察本部及び同曽根崎警察署による家宅捜索を受けている。

 今回の訴訟についてスクウェア・エニックス側は、「当社の主張の正当性を民事訴訟の場において明らかにしていく所存です。」とコメントしている。

 『ハイスコアガール』は1990年代の対戦格闘ゲームブームを中心に描いた、押切蓮介さん作のマンガ。作中には当時人気だった、家庭用・アーケードゲームが多数登場している。本作は8月にあった家宅捜索の後、掲載誌『月刊ビッグガンガン』での連載は一時休止、既に発行済みのコミックスは自主回収が行われている。

『ハイスコアガール』ページ