昨シーズン、羽生結弦が五輪と世界選手権、グランプリファイナルの3冠を獲得した。日本男子ではほかに、2月のソチ五輪で町田樹が5位で盒饗臺紊6位、3月の世界選手権では、町田が羽生と接戦を演じて2位になり、盒兇梁緻鬚能仂譴靴疹塚崇彦が6位と層の厚さを見せつけた。今シーズンは織田信成が引退して盒兇狼挈椶垢襪、世界をリードする勢いは変わらないはずだ。

 その牽引役を果たすのは、もちろん羽生だ。世界選手権終了後から、「次のシーズンこそが重要。五輪王者らしい演技を見せて評価を確立したい」と話す。タイトルを独占したから目標がなくなることはなく、誰からも「さすがに五輪王者」と思われるような演技をすることをモチベーションにしている。

 だからこそ「タイトルにもこだわりたい」と話していた羽生だが、それ以上に今季は、2018年平昌(ピョンチャン)五輪へ向けて、さらなる進化のための重要なシーズンと考えている。その思いが、プログラムの演技構成を昨シーズンよりはるかに難しいものにしたことに表れている。

 ショートプログラム(SP)では得点が高くなる後半に4回転トーループを入れ、それだけではなく、3回転+3回転の連続ジャンプも入れる構成。さらに、自ら「表現が難しい」と言うクラシックのピアノ曲であるショパンの『バラード第1番ト短調』をSPの曲に選び、表現力の幅をつけようしている。また、スローテンポで始まる曲であるため、「昨シーズンの『パリの散歩道』のようにガリガリいく滑りはできないので、滑らかで静かな滑りをしなくてはいけない」と、スケーティング技術も高めようとしている。

 フリー『オペラ座の怪人』ではシェイリーン・ボーンの振り付けで新たな表現方法を試みている。それとともに、前半に4回転サルコウとトーループを入れるだけではなく、後半にも4回転トーループを入れて4回転ジャンプを3回にし、自信を持っているトリプルアクセルを2回入れる構成にした。つまり、このプログラムを完成させれば、当然のように昨シーズン以上の得点が出る。

 羽生の最大のライバルであり、ソチ五輪銀メダルのパトリック・チャン(カナダ)は、今シーズンのグランプリ(GP)シリーズに出場せず、休養宣言をしている。チャンが来年3月の世界選手権に出場する可能性は残っているが、そうなったとしても、今シーズンの男子は羽生を中心に展開されるはずだ。

 羽生の唯一の不安材料は、ケガだろう。プログラムが高難度になればなるほど、体への負担は大きくなる。腰痛で10月のフィンランディア杯を回避したが、その原因のひとつは、おそらくハードな練習にあると考えられる。羽生は、13年3月の世界選手権直前に膝を痛め、納得のいく演技ができず悔しい思いをした経験があり、その反省から体のケアには細心の注意を払っている。今回のフィンランディア杯欠場も大事をとってのものだろう。

 いずれにしても、シーズンを通して羽生がどこまで新プログラムの完成度を高められるかが最大の見どころになってくる。

 その羽生に次ぐ位置にいる選手が、昨シーズン急成長し、世界選手権では羽生に0・33点差まで迫った町田樹だ。五輪シーズン終了後、積極的にアイスショーに出ていた羽生とは違い、出演回数をかなり抑えてきた。町田は10月5日のGPシリーズ出場選手記者会見で、今シーズンのプログラムを発表。SPは『ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲』、フリーはベートーベンの『第九交響曲』を使用することを明かした。

 10月25日からのスケートアメリカが初戦になるが、「そこへ向けて演技を磨き、自分らしい高水準の演技ができるように頑張りたい」と意気込んでいる。新しいテーマは限界や極限を意味する『極北』。SPは「悲恋の極北」、フリーは「シンフォニックスケーティングの極北」と彼らしい表現で説明した。

 昨シーズンの成長の要因となった基礎からのスケーティングのトレーニングは今年も続けている。技術をさらに磨いている町田が、どんな世界を見せてくれるのか。彼の存在もまた、日本男子フィギュア界になくてはならないものだ。

 このふたりを追うのが、無良崇人と小塚崇彦になる。五輪代表を争った昨シーズンは不本意な結果に終わった無良だが、14年1月の四大陸選手権では見事優勝し、存在感を見せてくれた。今シーズン前のアイスショーでも重厚感のある滑りを見せていたが、それを試合にどうつなげてくるか。10月4日のジャパンオープンでは、146・41点で3位に止まったが、最初の4回転トーループを成功した後、ふたつ目の4回転を入れる演技を見せ、羽生や町田に次ぐポジションを自分のものにしたいという意欲を感じさせた。

 一方の小塚は、ジャパンオープンでは2回入れた4回転トーループがふたつともダウングレードになり、他のジャンプのミスも続いて119・51点で6位という結果。だが、「今はシーズンのことしか考えていない」と言う小塚が目標にするのは、シーズン全体を通して自分のプログラムを完成させること。昨シーズン、足の故障で納得のいく練習ができずに不安を抱えていながら、年末の全日本選手権で3位に入るまでに仕上げた底力があるだけに、徐々に状態が上がってくることに期待したい。

 また、今季ジュニアグランプリに出場している16歳の宇野昌磨は、アイスショーで力強さと切れのある滑りを見せていた。発展途上ながら楽しみな存在だ。宇野は9月のジュニアGP名古屋テレビ杯では、フリーで4回転トーループを成功させ、次の4回転トーループは回転不足ながら2回転トーループをつける連続ジャンプにするなど、将来性を感じさせる演技を見せている。来季以降、彼が争いに加わってくる可能性はかなり高いといえるだろう。

 日本男子フィギュアスケートの選手層の厚さは、まだまだ世界のトップレベルにある。今シーズンも、日本人選手がグランプリシリーズの表彰台を賑わすシーンを期待したい。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi