乃木坂46公式サイトより

写真拡大

 乃木坂46の人気メンバー・松村沙友理が妻子ある集英社の編集者・A氏と不倫していたことが報じられ、大騒動だ。

 A氏は今春まで同社が発行する漫画雑誌「ヤングジャンプ」のグラビア担当で、乃木坂46を起用したことがあり、“商品に手をつけた”形。この禁断の不倫を報じた「週刊文春」(文藝春秋)によると、両者は毎週デートを重ね、A氏が松村宅を訪問。ふたりが路上で抱き合ってキスする写真も掲載された。

 恋愛禁止を売りにするAKB48グループのアイドルと、起用タレントの取り扱いには慎重であるべき編集者……互いに踏み越えてはいけない一線を越えてしまったことで、業界は大騒動。松村側は表立ってコメントを控えているものの「不快感を露わにしている」といい、ファンからも「裏切られた」「ガッカリ」といった声が噴出。一方の集英社でも「会社にとって大損害」「処分すべき」という厳しい意見が持ち上がっている。

 さらに、A氏に対しては「過去の問題行動も打ち明けるべき」と話す者もいる。別の出版関係者によると「以前、ほかのアイドルにも手を出したことがあって、業界内でウワサになっていた」というのだ。

「A氏は物腰の柔らかい紳士的なタイプの人ですが、以前から複数のグラビアアイドルと関係していたという話が、集英社の内部から上がっていたんです。おそらく、同僚の間でもウワサになっていたはず。A氏は、いかにも若い子が大好きといった風で、アイドルと個人の連絡先を交換することでも知られていた。私が仕事をしたタレントからも“電話番号とメールアドレスを聞かれた”と相談を受け、仕事以外で接触してきたら気を付けたほうがいいとアドバイスしたほど」(出版関係者)

 実際に同社の別の部署に勤務する社員に聞いたところ、なんと「昨年の秋ごろ、別のAKB48グループのメンバーと都内のカラオケボックスに出入りしていたという目撃情報があった」という。

「正直、今回の報道があったとき、松村ではなく、てっきりその別のメンバーのことだと思ったぐらいでした。わりとタレントと仲良くなるタイプで、それが仕事にも生かされていたとは聞くので、恋愛関係にあったかどうかは分かりませんが……」(同)

 学生時代に同級生の恋人がいたらしいという話以外は熱愛ゴシップが皆無だった松村だけに、アイドル食い常習のウワサある編集者との不倫騒動は衝撃的だ。
(文=ハイセーヤスダ)