9月に発売されたトゥミの新作コレクション「CFX」は、米国の炭素繊維メーカーCarbitexが開発した「ソフトカーボンファイバーファブリック」をバッグ用に特別にカスタマイズしたものを使用している。素材に対する、両社の革新へのこだわりから生まれたものだ。

イノヴェイションの起きる現場には、まだ誰も気がついていないマーケットの潜在的なニーズを、いち早く掴む人物がいるものだ。強靭で軽量なカーボン素材は、タフネスが求められるバッグやクルマのシートなどに向いている。スーパーカーメーカー「ケーニッグゼグ」で働いていたユヌス・カーンはそのことに気づき、約2年間に及ぶ研究開発の結果、2011年にソフトカーボンファイバー「CX6」を生み出す。翌年、彼はそれを世界中の企業に提供するために、Carbitexを創業した。

「「柔らかい」カーボンファイバーを実現:バッグをイノヴェイトするトゥミの先端技術」の写真・リンク付きの記事はこちら

トゥミは、カーンが生み出した新素材にいち早く注目した企業のひとつだ。Carbitexと共同で、CX6をバッグ用に特別にカスタマイズして、新作コレクション「CFX」を先月(2014年9月)発売した。トゥミチーフ・マーチャンダイジング・オフィサーのアラン・クランツラーはこう語る。

「トゥミのお客様は、トゥミの革新へのこだわりを高く評価してくださっています。優れた性能をもつ新たな素材を探し出し、それを機能と品質を備えた製品にデザインすることは、そのこだわりのひとつです」

トゥミのこだわりが生んだ新製法

バッグにカーボンファイバーのデザインを施す従来の方法としては、主にプラスティックの間にカーボンファイバーのシートをはさんでラミネートするか、革や他の生地にカーボンプリントを型押ししたものなどが使用されていた。しかし、それらの製法では見た目は誤魔化せたとしても、カーボンファイバー本来の強靭で軽量な特徴や、独特な肌触りを生み出すことはできなかった。

トゥミとCarbitexは、それを実現するために研究開発を進めて、バッグに使用できる柔らかいカーボンファイバーをつくる製法を生み出した。Carbitexにとっても、トゥミの革新へのこだわりから、技術的な進歩が生まれたとユヌス・カーンは話す。

「素材の革新に対するトゥミの確固たるこだわりによって、Carbitexは柔らかなカーボンファイバー複合材のユニークな製法を実現することができました。トゥミの要望に添うものをつくるために、樹脂に含浸させてから硬化させるという一般的な製法とは異なる、新たなソリューションを開発しました」

トゥミの、CFXコレクションに使用されているカーボンファイバーは、航空機、スペースシャトル、F1レースカーに使用されるものと同じグレードのものを使用している。ケーニッグゼグのスーパーカーの内装にもCX6は採用されているほか、世界最速の電動バイクとして知られる「Lightning Motorcycles」の車体や、JBLのハイエンドスピーカーなどにも使用されている。

世界最先端の素材をいち早く探し出し、必要であればバッグのために特別に共同開発を行なう。そうしたトゥミの革新へのこだわりから、素材の新たなイノヴェイションが生まれている。

トゥミ CFXコレクション
CFXコレクションは、キャスター付きラゲージ、ダッフルバッグ、ブリーフケース、トラベルウォレット、パスポートカヴァーなど、さまざまな用途に対応した9つのスタイルで展開している。トゥミ直営店および公式ウェブサイトほか、限定店舗で販売中。「アデレード」ソフト・ダッフル(写真左):300,000円、「シルバーストーン」インターナショナル・キャリーオン(写真中央):380,000円、「セブリング」タブレット・カバー(写真右):60,000円

TAG

BagCarbon FiberFashionInnovationMaterial ScienceNew IdeaWIRED Promotion