シャープが試作展示した85型の8Kテレビ(CEATEC JAPANより)

写真拡大 (全2枚)

 フルハイビジョン(HD)の4倍の高画質を持つ「4Kテレビ」。ようやく各家電メーカーの製品も揃い、今年6月にCS(通信衛星)を利用した試験放送が始まったばかりだというのに、技術開発の現場は早くもHDの16倍(約3300万画素)という「8Kテレビ」の実用化に向けて動き出している。

 10月7日に千葉・幕張メッセで開幕したIT・エレクトロニクスの総合展示会『CEATECJAPAN 2014』で8Kテレビの“ド迫力映像”を披露したのは、共同開発するシャープとNHK。

 特にNHKは次世代放送の本命を4Kよりも8Kと位置づけ、なんと1995年から映像や音声、伝送するための圧縮技術など研究してきただけに、8K放送にかける意気込みは半端ない。

「8K放送に必要な技術研究をしてきたのは世界でもNHKだけなので、今後、国際標準にしたいと考えています。

 8Kの魅力は、画面の端で潜在的に見えている部分までリアルに再現できること。視野角がさらに広がり視聴の臨場感が増します。現行のHDは60インチを超えると画面の粗さが目立つので、雲泥の差です」(NHK技術担当者)

 風景、スポーツ、音楽など、高精細の技術を実感するには最低でも50インチ以上は必要とされているため、4Kモデルでも大画面のラインアップを各社メインに据えている。

 9月に40型モデルの「4Kアクオス」を発売したシャープも、「広く普及させるために小さいモデルも出したが、売れ筋は60型以上」(商品担当者)だという。同社がCEATECで試作展示した8Kテレビに至っては、85型と超巨大サイズ。もはやミニシアターに近く、とても一般家庭に据え置くサイズとは思えない。

 しかし、シャープの担当者はこんな視聴方法を推奨する。

「4Kでも8Kでも最大の臨場感を味わうためには、視野をどれだけ画面で埋められるかがポイント。そう考えると、例えば60インチなら1.5メートル〜2メートル程度の距離で視聴するのがオススメです。極端にいえば6畳間に置いてもおかしくありません。

 ただ、ニュースやバラエティーなど画質にこだわらない番組を至近距離で見続けるのは疲れるでしょうから、その都度、視聴環境を変えられる広さはあったほうがいいでしょうが……」

 IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏は、飽くなきテレビの高画質・大画面化に懸念も示す。

「もちろん大きな画面でキレイな画質に越したことはありませんが、そもそもリアルタイムでテレビを見る機会が減り、パソコンやスマホで十分という人にとっては『見たいものを見たい時に見たい場所で見る』ほうが大事になっています。

 どれだけ高画質を売りにしても、肝心のコンテンツが不足している現状では爆発的な普及は難しいといえます。民放の中には4K、8Kに対応したカメラや編集機材を揃えるコスト負担に二の足を踏む局もあり、この先コンテンツがどこまで充実するかは不透明です」

 放送行政を牛耳る総務省のロードマップでは、東京オリンピックが開催される2020年をメドに、4K放送の「本放送」をCSで2015年、BS(放送衛星)でも2018年から開始したい方針だ。また、8KもBSで2018年の本放送開始を目指すなど、強引なインフラ整備に突き進む。

 つまり“東京五輪は4K/8Kで!”と視聴環境を急ピッチで整え、日本の最先端放送技術を世界にアピールする狙いも込められているのだ。果たして思惑通りに事は運ぶのか。

「4K、8K普及の最大のネックは地上波で放送する予定が立っていないこと。伝送技術ができていないことに加え、2011年に地上アナログ停波の“買い替えプロジェクト”を行ったばかりで、再び4K、8K放送に全面移行したら大問題になるからです。

 2020年の東京オリンピックは4KについてはBS、CS放送が中心で、衛星アンテナがなく、地上波しか見ない大多数の人は引き続きハイビジョンテレビで楽しむ。8Kについてはテレビが市販化されても量産化には程遠く、画面サイズの単価も高いでしょうからバブリックビューイング的な放送がメインになる可能性があります」(前出・安蔵氏)

 究極のテレビ開発は結構だが、国内の視聴者が4K、8Kのメリットを最大限享受できないままの“代物”なら、世界に誇れるはずもないだろう。