小5女児連れ去りの被告が責任逃れのような発言「臆測が広がったために被害者が二次被害にあった」

ざっくり言うと

  • 7月、倉敷市の女児へのわいせつ略取などの罪に問われた男の初公判
  • 臆測が広がったため、被害者が2次被害にあったという責任逃れの発言も
  • 連れ去ったことは認めたが、わいせつ目的ではなかったと一部否認

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング