『東京スクリーム・クイーン映画祭2014』メインビジュアル

写真拡大

女性監督によるホラー短編映画を上映するイベント『東京スクリーム・クイーン映画祭2014』が、10月25日から31日まで東京・渋谷のアップリンクで開催される。

【もっと写真を見る】

映画界では少数である女性のホラー映画監督にスポットを当てる同イベントは、2007年から2013年までアメリカ・ロサンゼルスで開催されていた『L.A Viscera Film Festival』の姉妹イベント。日本をはじめ、韓国、台湾、インドネシアなどのアジア各国に加えて、アメリカ、カナダ、オーストラリア、メキシコ、スイス、スペイン、キプロス共和国、ノルウェーの女性監督たちが手掛けた、全27本のホラーやダークファンタジー作品が上映される。

上映作品には双子姉妹のホラー監督であるシルビ・ソスカとジェン・ソスカが自ら出演して血みどろの戦いを繰り広げる『ガールファイト』をはじめ、『ムカデ人間2』で主演を務めたローレンス・R・ハーヴェイの主演作品『コール・ガール』など、アジア初公開作品を中心とするラインナップとなる。また、上映作品の監督らをゲストとして招くトークなども行われる。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

さらに同イベントの最終日には、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』などで知られる安里麻里監督が、映画プロデューサーの小林剛と共にホラー映画の作り方について語るトークイベントも開催される。