作詞家・内田篤人、May J.新アルバム動画にガッチガチで出演

写真拡大

 シャルケに所属する内田篤人選手。9月23日のブレーメン戦では、コロンビア戦以来およそ3カ月ぶりにピッチに立ちフル出場を果たしましたが、サッカー選手としての活躍はもちろん、そのイケメンぶりから現在多くの女性ファンをガッチリ虜にしております。

【関連:コミケ席巻した小林幸子、紅白ボカロ曲で3年ぶり復活か?】

元日本代表の内田篤人選手

 10月1日発売の女性誌『anan』では、上半身ヌードを披露し話題に、10月2日にドイツ誌が報道したマインツの岡崎慎司選手のインタビュー記事では「もしも僕の顔が内田だったら……」と自虐ネタにつかわれ、さらにその事が当日Yahoo!ニューストップを飾り大きな話題になるなど、とにかく関わるもの全てが話題になってしまうという、まさしく旬なオトコ!

 その内田選手、実は作詞家デビューを今年9月に果たしております。
詞を提供したのは、『アナと雪の女王』の日本語版主題歌歌手として大注目を集めたMay J.の新曲『光のありか』。詞は松井五郎、May J.との共作で作られていますが「どれだけ遠くても行く先は ただ信じてきた」「倒れてもそれで終わりにはしない」などなど、サッカーファンなら「もしやあの時の!?」とよぎる内容も。

May J.の新アルバム『Imperfection』

 その注目の新曲『光りのありか』が収録された、May J.の新アルバム『Imperfection』が10月8日に発売されることを記念し、10月2日から内田選手が出演したプロモーション動画がウェブ上で公開されております。
約13分の動画には冒頭から登場しており、歌詞に込めた思いや、試合前にはMay J.の曲を聴いていたなんてエピソードがたっぷり語られています。
単独での映像出演は慣れていないためか、冒頭から緊張しっぱなし、さらにはカメラには殆ど視線をあわせてくれませんが、それはそれでご愛敬。

 なお、10月8日に発売されるMayJ.の新アルバム『Imperfection』には、今回の『光りのありか』の他、『本当の恋』(TBS系 木曜ドラマ劇場『同窓生〜人は、三度、恋をする〜』挿入歌)、『心の鍵』(テレビ東京系アニメ『FAIRY TAIL』ED曲)、『Let It Go [劇中歌/英語歌]』など話題の曲が満載。
2014年夏に全国19都市で行われた全国TOURのZEPP TOKYO公演(7月30日)映像が最速で収録されたDVD、Blu-ray付き盤も同時発売されますので、気になる方は是非チェックを。

「マイとジェイのこの透き通る声、いいよね」( ´,_ゝ`) ドヤッ

「マイとジェイのこの透き通る声、いいよね」( ´,_ゝ`) ドヤッ

 また、現在全国放送中の新アルバムのテレビCMでは、薄暗いバーの片隅で酔っ払ったサラリーマンが適当にインタビューに答えるという、某バラエティ番組を彷彿とさせる内容が放送されています。
酔っ払いサラリーマンは、ヘッドフォンで音楽を聴かされ、May J.のことを「マイ・ジェイじゃない! 」と知ったかします。さらに「マイとジェイのこの透き通る声、いいよね」とドヤ顔で語り、どうもソロシンガーではなく、「マイ」と「ジェイ」という二人組ユニットと勘違いしているよう……。じわじわくるこちらもCMも必見ですよ!