テクノロジーの地図をどう歩き、旅するのか:ライゾマ齋藤精一が読み解く『テクニウム』【10月10日、WIRED CONFERENCE登壇!】

写真拡大

デジタルテクノロジーとアートの橋渡し役として、その独自のヴィジョンに世界中からオファーが殺到するライゾマティクス。ファウンダーの齋藤精一は、自身の思考のルーツとして、ケヴィン・ケリーの数々の著作を上げる。その齋藤は、敬愛するケヴィン・ケリーの最新刊『テクニウム』をどう読んだか? 10月10日の「WIRED CONFERENCE 2014」でケヴィン・ケリーとの対談を行う齋藤は、『テクニウム』の向こうに、テクノロジーと人間のどんな未来を読み解くのか。

「テクノロジーの地図をどう歩き、旅するのか:ライゾマ齋藤精一が読み解く『テクニウム』【10月10日、WIRED CONFERENCE登壇!】」の写真・リンク付きの記事はこちら

齋藤精一︱SEIICHI SAITO
1975年神奈川県生まれ。ライゾマティクス代表取締役/クリエイティヴ&テクニカル・ディレクター。建築デザインをコロンビア大学(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。その後 ArnellGroup にてクリエイティヴとして活動し、03年の越後妻有アートトリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。アート制作活動と同時にフリーランスのクリエイティヴとして活動後、06年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考をもとに、アートやコマーシャルの領域で立体作品やインタラクティヴ作品を制作する。09年〜13年に、国内外の広告賞にて多数受賞。現在、東京理科大学理工学部建築学科非常勤講師も務める。10/10に開催する「WIRED CONFERENCE 2014」に登壇し、ケヴィン・ケリーとディスカッションを繰り広げる予定。

「アートは文化を切り開き、技術はそこに花を咲かせる」とぼくは信じている。この「技術」という言葉の定義やアートというものとの関係性自体がいま、さまざまな話題の中心にあるのは言うまでもない。

ケヴィン・ケリーが発明し、本書のタイトルに冠した言葉「テクニウム」(technium:本書の原題は “What Technology Wants”)は面白いことにアートをも包含している。ケヴィンはこう書いている。

「テクニウム(technium)はただのピカピカのハードウェアの範疇を超え、ありとあらゆる種類の文化、アート、社会組織、知的創造のすべてを含む言葉だ。それには手に触れることのできない、ソフトウェアや法律、哲学的概念なども含む。そしてもっとも重要なことは、我々が発明をし、より多くの道具を生み出し、それがもっと多くのテクノロジーの発明や自己を増強する結びつきを生み出すという、生成的な衝動を含んでいることだ」
──テクニウム テクノロジーはどこへ向かうのか』(ケヴィン・ケリー著、服部桂訳、みすず書房)

テクノロジーはいまある現実を進化させる。一方でアートは、突然変異をもたらす文化だと思う。

しかし、残念なことにテクノロジーがなければアート表現は不可能だ。絵筆も、絵の具も、パソコンも、ようやく一般的になってきた3Dプリンティングの技術も、すべて人間が発見・開発した技術であり、その意味で昔から芸術表現は技術に依存していた。ぼくの好きなフランシス・ベーコンにしたって、その時々の雑誌の色が、絵の色使いに大きな影響を及ぼしていた。人間が生み出す人工の技術は、おそらくあらゆる分野に影響を与えている。

テクノロジー(≒技術)という言葉、はいままでは人類にとって、ひとつの「マジックワード」だったように思える。テクノロジーは何かを良くし、カッコよくし、ものごとを安全にし、自動にし、便利にし、小さくする。そんな感覚を人類の多くはもっていたにちがいない。

けれども、最近、テクノロジーはプラスのことだけではなく、マイナスのイメージももちはじめている。ぼく自身、SNSの使い方や子どもたちへのテクノロジーの与え方などを実際に自分で考えてルールや制限を設けている。

本書『テクニウム』では、人類誕生からいまにいたるまで、「人間と道具」の関係について、ケヴィンは、彼独自の視座から示唆に富んだ解説をしてくれているけれど、テクノロジーが束になり、それが群を成して、その上位概念である「テクニウム」となっているいま、ぼくらは、そうした「道具」の使い方をしっかりと考えなければいけないフェーズに来ているのは明らかだ。

この本には、その使い方/接し方のヒントや、さまざまな問題提起が無数にみつけることができる。ある意味、本書は、ぼくらが生きる21世紀のテクノロジーの「地図」でもあるように思えた。ぼくは、あなたは、変化し続けるこの地図をいったいどのように歩き、旅し、どこでたたずみ、どこに住むのか。そんな重要な問いかけがある。


いま最も"未来"な都市論がここに! ケヴィン・ケリーがキーノートで登壇!「WIRED CONFERENCE 2014」

「FUTURE CITY」をテーマにした今年の「WIRED CONFERENCE」にケヴィン・ケリーが参加!キーノート「都市はテクノロジーである」に登壇するほか、Rhizomatiksの齋藤精一とともにトークセッションを行う。最も先端的な「都市論」がここにある。開催は10月10日(金)。お申し込みはお早めに!


『テクニウム──テクノロジーはどこへ向かうのか?』
ケヴィン・ケリー=著 服部桂=訳〈みすず書房〉
Amazonで購入する>>

「深さと広さにおいて比肩するもののない、現代的な思考法の画期となるだろう本だ」──ブライアン・イーノ
 
人類は石器からコンピューターに至るまで、さまざまなテクノロジーを生み出してきた。これらに通底する普遍的な法則、そしてテクノロジーの本質とは、いったい何なのだろう? 現代のテクノロジーが向かう情報化、非物質化への流れを踏まえつつ、生命における生態系と同等なものとして、テクノロジーの活動空間を〈テクニウム〉と定義し、そこでのテクノロジーの振る舞いを、複雑性、多様性、自由、美、感受性、構造性、遍在性などの概念で読み解く。雑誌『Wired』の創刊編集長であり、毎月50万人のユニークユーザーを持つサイトCool Toolsも運営する著者が贈る、テクノロジー版〈種の起源〉。


TAG

Book reviewKevin KellyRhizomatiksTechniumWIRED ConferenceWIRED JAPAN

いまパソコンがなかったらぼくは何をしているだろう? 正直想像もつかない。ぼくがパートナーとともに立ち上げた「ライゾマ」も存在しないし、いま周りにある多くのものがなかったにちがいない。

それはそれで良かったのかもしれないけれど、ぼくはテクノロジーが好きで、そうした「最新と呼ばれるモノ」とともに生きていくことを、20年ほど前に明確に決めたのだった。そんなことも思い出しながら、ぼくはこの分厚い本を、1カ月ほどかけて読破するなかで、「テクノロジーというものが無かったら」という観点からではなく、「すでに有るもの」として読んでいくこととなった。

人間は案外文化の引き算が苦手だ。昔に戻れば良いとか、それがなかったらどうだったろう、といった議論は、いまの時代、ほとんど役をなさない。ぼくらが突きつけられている問題は、「テクニウム」を自分たちがどのように判断し操作をするか、そのよりよいあり方に気づくことなのだ。

タッチパネルを使い続けたからといって、人間の指の本数が変わるわけではない。自分の子どもの成長する姿を見て、いまのテクノロジーをどれだけ積み上げても、人間ひとりすらつくることができないのだ、ということを痛感する。テクノロジーにできること、できないこと。そこには乖離がある。その乖離があるからこそ、人間も人間によって創られたテクノロジーも、互いを尊重しあい、同調しあうことができる。そんな関係性を、個人レベルでの見出していきたいものだ。

ケヴィンの本を読むといつもウィリアム・ギブスンの小説を思い出す。それは、ふたりの文筆家がともに、未来のことを語っているからなのだろうか? いや、むしろ、それが未来を語っているのに、なぜかいまここにある現実を語っているように感じるからだろう。

いままでぼく自身多くのアイデアやヴィジョンを、ケヴィンが創刊編集長を務めた『WIRED』や、彼の本から得てきた。ぼくは日々テクノロジー満載の暮らしを送っているけれど、そのおかげで、「テクニウム」を使いこなしながら、想像を超える明るい未来がいつも見えているつもりでいる。

(関連記事)ちょっとよくなる未来:ケヴィン・ケリー最新刊『テクニウム』を嶋浩一郎が読み解く

ケヴィン・ケリー来日! 注目イヴェントが目白押し!

テクノロジーとは人間にとって、社会にとっていったい何なのか? その根源的な問いがいまほど切実に身に迫る時代はない。未来を考えるうえで不可欠な「思考」を、ケヴィン・ケリー自身の声で授かることのできるまたとない機会が、10月9、10、11日に訪れる。『テクニウム』を読んで衝撃を受けた方も、そうでない方も、見逃せないイヴェントが目白押し!

10月9日(木)
『テクニウム』刊行記念トークイヴェント「テクノロジーはどこに向かうのか?」@下北沢「B&B」 ケヴィン・ケリー×若林恵(『WIRED』日本版編集長)×服部桂(『テクニウム』翻訳者)×内沼晋太郎

10月10日(金)
「WIRED CONFERENCE 2014 未来の都市を考える」:キーノート&齋藤精一(Rhizomatiks)とのトークセッション

10月11日(土)
日本科学未来館:講演・「地球合宿2014 ケヴィン・ケリーの地球 〜テクノロジーはどこへ向かうのか?」

『テクニウム──テクノロジーはどこへ向かうのか?』
ケヴィン・ケリー=著 服部桂=訳〈みすず書房〉
Amazonで購入する>>

人類は石器からコンピューターに至るまで、さまざまなテクノロジーを生み出してきた。これらに通底する普遍的な法則、そしてテクノロジーの本質とは、いったい何なのだろう? 現代のテクノロジーが向かう情報化、非物質化への流れを踏まえつつ、生命における生態系と同等なものとして、テクノロジーの活動空間を〈テクニウム〉と定義し、そこでのテクノロジーの振る舞いを、複雑性、多様性、自由、美、感受性、構造性、遍在性などの概念で読み解く。

TAG

Book reviewKevin KellyRhizomatiksTechniumWIRED ConferenceWIRED JAPAN