「柿安本店監修 牛すき焼弁当」

写真拡大

ローソンは2014年10月7日から全国で、創業143年の肉の老舗である「柿安本店」が監修した弁当、おにぎり、手巻寿司の3品を期間限定で発売する。柿安本店がコンビニエンスストアのオリジナル商品を監修するのは初めて。

国産牛肉と特製タレ

「牛すき焼弁当」(690円、税込)は、国産牛肉(モモ、バラ)とごぼう、玉ねぎ、霜降りひらたけを特製のタレでじっくり煮込んだすき焼をご飯に盛り付け、厚焼き玉子と漬物を付け合わせた。

「手巻寿司 牛すき焼巻」(198円、同)は、同じく特製のタレで煮込んだ国産牛肉とごぼうのすき焼、玉子焼き、人参、小松菜を、昆布とかつおだしが効いたまろやかな酢飯で巻いた仕上がり。

「牛むすび」(198円、同)は、国産牛肉とごぼうを特製のタレで味付けして中具にしたおにぎり。もち米入りのもっちりとした食感のご飯に、甘辛く仕上げた国産牛肉のそぼろが和えてある。

「牛すき焼弁当」「牛すき焼巻」は4週間、「牛むすび」は3週間の期間限定販売。