結果を求めるアギーレ監督「ジャマイカ戦でまず1勝目をあげたい」

写真拡大

 日本代表は10日に行われるキリンチャレンジカップ2014でジャマイカ代表と、14日にシンガポールで行われる国際親善試合ではブラジル代表と対戦する。

 日本代表は6日、新潟市内で合宿初日の練習を実施した。日本代表を率いるハビエル・アギーレ監督は「ジャマイカ戦でまず1勝目をあげたい」と強く語った。

 同時にチームのパフォーマンスも上げていきたいというアギーレ監督は、「2試合で4失点というのは多すぎるが、攻撃のコンビネーションは練習で良くできると思っている。いい練習をしたい。気候が助けてくれれば、いい練習ができるだろう」と語った。

 アギーレ監督は、4−3−3で重要になってくるアンカーにも言及。「いいボールを供給できること。長いボールを蹴れること。空中戦に強いこと。(流れの中で)バックラインに入って、5バックの形を作れること」が条件であると述べ、MF細貝萌について「あのポジションを完全にこなせると考えている。狙ってボールを奪うことができ、そこからいい配球ができる」と評価した。