下町の町工場が未来のものづくりを活性化させるわけ

写真拡大

日本の町工場は、ものづくりスタートアップを加速させる──。9月27日に行われた「WIRED FIELD TRIP 墨田区町工場ツアー」では、そう確信させる声を聞くことができた。当日の様子とともに、紹介する。

「下町の町工場が未来のものづくりを活性化させるわけ」の写真・リンク付きの記事はこちら

「本格的にものづくりをしていきたいという人と墨田区の町工場が協力していく。そんな流れは、確かにできあがりつつある。そしてそれは今後、加速していくはずです」

『WIRED』最新号(14年9月10日発売13号)では、「Welcome to “FAB” TOWN」 と題して、墨田区の町工場ひとつひとつを組み合わせ、1個のものづくり拠点として機能させようとする取り組みを紹介した。

9月27日、こちらの記事で告知した通り、墨田区の町工場ツアーを開催。金星ゴム工業、浜野製作所、墨田加工の3社を訪問する工場見学を経て、トークセッション、懇親会を行うフルコースを、読者のなかから募った参加者34人と行った。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN dsc_3321 dsc_3475

2/13工場を見学したあとで、シリコンゴムの成形を実際に体験。かたちを整えた柔らかなゴムは、このあと圧力釜で加熱し、弾力性のあるゴムに仕上がった。

dsc_3601

3/13ひと言で金属加工と言っても、金型を使ったりレーザーカッター切り出したりと、その加工手段はさまざま。「浜野製作所」では、ものづくりの現場における金属加工のさまざまな過程にふれることができた。

dsc_3608

4/13CADを使用した金属カッティングのプロセスを見学。

dsc_3654

5/13加工した金属に磨きをかけるマシンの前で。浜野製作所の石川さんが案内役だ。

dsc_3763

6/13用意された金属プレートに、思い思いの言葉を刻印。この日の記念に、参加者それぞれ持ち帰っていただいた。

dsc_3830

7/13プラスティック加工の墨田加工にて。同社が手がける成型品は、医療機器をはじめとする高額・小ロットの製品に使用されるが、それは、高い技術力に裏打ちされている。

dsc_3875

8/13墨田加工の鈴木社長が案内する、プラスティックの真空成型のプロセス。熱して柔らかくなったプラスティック板がひとつひとつ、もののかたちを成していく。

dsc_3882

9/13成型されたプラスティック部品をトリミングしパーツとして仕上げていく過程は、ときに大型ロボットでの加工を行う。

dsc_3890

10/13工場見学を経て、実際にアクリルボードでの加工を「体験」。溶剤を使い、板を貼り合わせる接着の過程をチームに分かれ、行った。

dsc_3924

11/13体験製作したのは、貯金箱。溶剤を使い接着する工程は、簡単に見えてコツと慎重さが必要だ。

dsc_4008

12/133つの工場見学のあとには、トークセッションを開催。

dsc_4114

13/13セッション後の懇親会では、参加者と町工場の方々が交流。持ち込まれたアイデアが製品化へと進みそうな話もちらほらと。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN dsc_3321

ゴム加工の「金星ゴム工業」にて、杉本社長の説明を受ける。ゴムの製造から成形までを一貫して行う同社。製品化までをコントロールできるからこそ、新しい機能性ゴムを開発することができる。

dsc_3475

工場を見学したあとで、シリコンゴムの成形を実際に体験。かたちを整えた柔らかなゴムは、このあと圧力釜で加熱し、弾力性のあるゴムに仕上がった。

dsc_3601

ひと言で金属加工と言っても、金型を使ったりレーザーカッター切り出したりと、その加工手段はさまざま。「浜野製作所」では、ものづくりの現場における金属加工のさまざまな過程にふれることができた。

dsc_3608

CADを使用した金属カッティングのプロセスを見学。

dsc_3654

加工した金属に磨きをかけるマシンの前で。浜野製作所の石川さんが案内役だ。

dsc_3763

用意された金属プレートに、思い思いの言葉を刻印。この日の記念に、参加者それぞれ持ち帰っていただいた。

dsc_3830

プラスティック加工の墨田加工にて。同社が手がける成型品は、医療機器をはじめとする高額・小ロットの製品に使用されるが、それは、高い技術力に裏打ちされている。

dsc_3875

墨田加工の鈴木社長が案内する、プラスティックの真空成型のプロセス。熱して柔らかくなったプラスティック板がひとつひとつ、もののかたちを成していく。

dsc_3882

成型されたプラスティック部品をトリミングしパーツとして仕上げていく過程は、ときに大型ロボットでの加工を行う。

dsc_3890

工場見学を経て、実際にアクリルボードでの加工を「体験」。溶剤を使い、板を貼り合わせる接着の過程をチームに分かれ、行った。

dsc_3924

体験製作したのは、貯金箱。溶剤を使い接着する工程は、簡単に見えてコツと慎重さが必要だ。

dsc_4008

3つの工場見学のあとには、トークセッションを開催。

dsc_4114

セッション後の懇親会では、参加者と町工場の方々が交流。持ち込まれたアイデアが製品化へと進みそうな話もちらほらと。

冒頭の言葉は、トークセッションで登壇いただいた、浜野製作所の小林亮さんの言葉だ。以下、同じくお話をいただいた浜野製作所の浜野慶一さん、墨田加工の鈴木洋一さん、そして町工場とスタートアップとの触媒として活動を続けるリバネスの長谷川和宏さんの発言より、町工場の未来を予見させる、印象的なものを紹介したい。


「(町工場は)敷居が高いと感じる方も多いけれど、そんなことはない。思いつきだけのアイデアを持ち込まれることもありますが(笑)、そんなときは、はっきり言いますよ。ただ、真剣に取り組む方であれば、それはちゃんと分かります。そういう方たちと、取り組んでいきたい」(墨田加工・鈴木さん

「町工場がかつての勢いを取り戻し、急激に数を増やせるかというと、それは難しい。それでも、減らすことを止めないといけない。新しい市場は、ぼくら町工場自身が、つくっていかなければならない」(浜野製作所・浜野さん

「(町工場の魅力は)やっぱり対応力。こういう部品をつくりたいと思って相談すると、それが2〜3日で形になることもあるくらい。そうした部分は、海外、例えばアメリカや中国の工場では難しい」(リバネス・長谷川さん

「志や情熱は、伝わるもの。スタートアップのワクワク感を共有したいという思いもあります」(浜野製作所・浜野さん

「たとえお金はなくとも、情熱だけでも示せばいい。町工場には、想像以上のものをつくる力がある。スタートアップを志す人たちには、アイデアもあれば、投資家を惹きつける力もある。でも、ものをつくる力が必ずしもあるとは限らない。それが町工場には、あるんです」(リバネス・長谷川さん


トークセッション後に開催した懇親会では、参加者同士だけでなく、町工場の方々とも意見を交換する場面が多く見られた。

いまはまだ、小さな思いつきなのかもしれない。しかしひょっとしたら、こんな機会から世界へ打って出るスタートアップが生まれることだってありうる。アイデアと技術力が同じ方向を向くとき、日本のハードウェア・スタートアップは加速するのだ。

今回のツアーに参加できなかった方にも、町工場との接する機会が11月に設けられる。より大規模な町工場見学・交流ツアー「すみだファクトリーめぐり 2014」、略して「スミファ」が、11月15・16日と開催される予定だ(詳細はこちらより)。

TAG

3D PrintingBusinessFab labNew Business