武田薬品工業 米陪審員から205万ドルの賠償命令を受ける

ざっくり言うと

  • 武田薬品工業の糖尿病薬「アクトス」の服用でがんを発症したとする訴訟問題
  • 米裁判所の陪審員が、同社に205万ドル(約2億2400万円)の支払いを命じた
  • 武田薬品は「大変遺憾で、到底承服しかねる」と評決を不服としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング