使われなくなった電話ボックスを「無料の携帯充電ステーション」に:ロンドン

写真拡大

ロンドンの「赤い電話ボックス」が、ソーラーパネルを搭載した携帯充電ステーションに変身している。二酸化炭素の排出を抑える起業プロジェクトに贈られるロンドン市長賞を受賞した取り組みだ。

「使われなくなった電話ボックスを「無料の携帯充電ステーション」に:ロンドン」の写真・リンク付きの記事はこちら

ロンドン各地に点在する「赤い電話ボックス」はかつて、赤い2階建てバスや黒いタクシー、ロンドン塔の衛兵などと同様に、ロンドンを象徴する存在だった。けれども、携帯電話が普及した最近は、観光客が写真を撮影する背景になる以外はほとんど使われていなかった。

しかし最近、いくつかの電話ボックスには、新しいチャンスが与えられた。ソーラーパネルを搭載した緑色の携帯電話機充電ステーションに変身する「ソーラーボックス(Solarbox)」プロジェクトだ。

6つの電話ボックスの改装が始まっているが、ロンドン中心部のトッテナム・コート・ロードで今週、ひとつめが公開された。

この取り組みは、二酸化炭素の排出を抑える起業プロジェクトに贈られるロンドン市長賞「Mayor’s Low Carbon Entrepreneur」で入賞したもの。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)を卒業したカースティ・ケニーと、ハロルド・クラストンがこのプロジェクトを発案し、ビジネスとして運営している。

ソーラーボックスでの充電に料金はかからない。代わりに、充電を待つ間、広告が表示される。携帯電話に充電せざるを得ない人は、10分間の広告を我慢できるだろう。ほかの機能を使わず充電だけしていれば、10分間で携帯電話が20%まで充電されるはずだ。

残りの5カ所の電話ボックスは来年オープンする。しばらくは、トッテナム・コート・ロードのブロックの周辺で、携帯電話を持った人々が行列するのを目にすることになるだろう。

TAG

ChargerLondonNew IdeaSmartphoneSolar