「夫婦の財布」別々の方が家計に良い?

写真拡大

「財布は別々に管理」の夫婦の割合が増加

一昔前は「結婚すると、財布は一緒」という家庭が一般的でしたが、今はライフスタイルにあわせて、夫婦のお金の管理方法も変わってきています。ある統計によると、「財布は一緒」と「財布は別々に管理」の夫婦の割合は、約半々になってきているそうです。

経済政策として賃金のアップがうたわれていますが、「収入が増えた」という実感がない人も多いでしょう。また、終身雇用制度も崩壊してきている状況から、夫だけの収入に頼れない、と考える女性が多く、「結婚しても仕事をやめない」ということも、「財布は別々に管理」の割合が増えた要因でしょう。妻の収入はここ数年増加し、家計の一端を担っています。

「財布は別々に管理」の夫婦の場合、「収入にあわせて負担額を決めて、出し合ったお金で必要なものを購入する」と「それぞれ負担する項目を決める」という方法があります。後者に関しては、夫が家賃・光熱費等の固定費を負担し、妻が食費・日用品を負担する、といったパターンが多いようです。

どちらにしても、必要なお金以外はそれぞれが管理するため、互いが個人的に使える金額は多くなります。結婚前からの延長上にあると言えるかもしれません。


「財布は一緒」の方が家計が健全になっていく

しかし、夫婦になって今後の人生を考えると、お金が必要な局面が多々出てきます。子どもが生まれたら教育資金、家が欲しいと思えば購入費用、そして老後の資金など。例えば、子どもを大学まで進学させたい、と考えると、数百万円〜1千万円以上かかります。また、老後の費用は、生活スタイルにより、今や一人、数千万円〜1億円以上が必要という試算も出ています。もちろん、手元にあるお金を限度に生活する方法もありますが、今後。年金の目減りが考えられる中、自分たちである程度のお金を貯めなければならない、と考えている人も少なくないでしょう。

ただ、「手元に自由なお金があっても、自分はしっかりと貯金できる」という人は、あまりいないかもしれません。私がライフプランの相談を受けている中では、「財布は一緒」の夫婦が多いです。夫婦別々にお金の管理をしていると、全体の家計像が見えてこないため、問題点などもわかりにくくなります。どちらかの無駄遣いが多く、もう一方が「やりくりがうまくいかない」と悩んでいるというケースもあるでしょう。

互いに目的意識を持ってお金を管理する、という観点から言うと、「財布は一緒」の方が良い、というのが私の意見です。互いにチェックできますし、何より将来を共有し、それに向かっていくために現状を把握することで、家計が健全になっていくと実感することも多々あります。家計は、夫婦どちらかお金の管理に長けている人が主導権を握るのが、貯蓄への一番の近道といえるでしょう。

もちろん、個人個人がきっちりと管理できているなら問題はありません。将来の目的があり、家計の見直しを考えているなら、思い切ってお金に関してオープンにしてみるのも良いかもしれません。


【佐々木 茂樹:ファイナンシャルプランナー】


写真・図を含む元記事はこちら>>


■JIJICOとは?
専門家サイト『マイベストプロ』が開設する専門家による時事ネタコラムサイトです。