男性に質問! 結婚までに彼女に貯めておいてほしい「貯金額」って?

結婚するときに彼女の貯金を当てにするわけではないけれど、彼女の金銭感覚やお金の使い方などを把握するためにもある程度の貯金はしておいてほしいもの。具体的にはどのくらいの額を貯金しておいてほしいと思ってるのか、男性たちに聞いてみました。

Q.あなたが、結婚までに彼女に貯めておいてほしい貯金額はいくらいですか?

●第1位/「100万円以上〜200万円未満」……27.4%
○第2位/「200万円以上〜300万円未満」……19.7%
●第3位/「500万円以上」……17.9%
○第4位/「50万円未満」……15.4%
●第5位/「50万円以上〜100万円未満」……10.3%
○第6位/「300万円以上〜400万円未満」……6.0%
●第7位/「400万円以上〜500万円未満」……3.4%
※四捨五入の関係でちょうど100%にならないことがあります。

■第1位/「100万円以上〜200万円未満」

・「100万円ぐらいは貯金しておいてほしい。あまり貯金額が少ないと貯金ができない人と思い結婚をためらってしまう」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「最低でも社会人ならこれくらいは貯めておいてほしい」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「3桁あると家計のやりくりができる人だと感じる」(27歳/金融・証券/専門職)

社会人の女性と結婚するのなら、最低でも100万円以上の貯金がないと彼女の金銭感覚に不安を抱いてしまう男性もいるようです。結婚して家計を任せられるかどうかというのも貯金の額である程度の判断ができそうですね。

■第2位/「200万円以上〜300万円未満」

・「自分と合わせて1,000万円くらいはほしいから」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「そのくらいはないと、結婚や生活の準備の足しにならないから」(31歳/食品・飲料/営業職)

・「多いにこしたことはないが200万円以上あれば、何かの備えになりそう」(35歳/情報・IT/技術職)

結婚後に万が一のことがあったときにもこのくらいあれば、自分の貯金や給料と合わせて何とかなりそうと考えている男性も。自分の貯金だけで新婚生活をはじめるのが不安な男性も女性がある程度の貯金を持っている人なら安心できるようです。

■第3位/「500万円以上」

・「相手に要求するばかりでなく自分も少しは経済力を持てと」(26歳/通信/技術職)

・「せめて自分の半分くらいの貯金はしておいてほしい」(30歳/自動車関連/技術職)

・「社会人何年目かにもよりますが、貯められない女性はちょっとダメですね」(34歳/通信/事務系専門職)

自分がしっかり貯金できる男性は、相手の女性にもシビアな金銭感覚を求めるのかも。自分と同じくらいとまではいわなくても社会人経験に見合った額の貯金がない女性は結婚相手として不満なようです。

貯金額によって彼女の金銭感覚が自分と合っているのかを判断するという男性は少なくないようです。結婚すると決まったら貯金額ができるだけ増えるように節約しておいたほうが男性からも好印象。家計を任せても安心できる女性と思われたほうがいいですもんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年8月にWebアンケート。有効回答数117件。22歳〜39歳の社会人男性)