鈴木愛、首位からスタートするも5位Tでフィニッシュ、メジャー2連勝ならず(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本女子オープンゴルフ選手権競技 最終日◇5日◇琵琶湖カントリー倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 メジャー第3戦「日本女子オープンゴルフ選手権」はテレサ・ルー(台湾)がこの日5つ伸ばしトータル8アンダーで逆転優勝。1打差の2位にはイ・ナリ(韓国)、日本勢最高位の3位には17歳のアマチュア、永井花奈が入った。
大会最終日をフォトギャラリーでチェック!
 首位タイから出た鈴木愛はスコアを4つ落としトータル4アンダー5位でフィニッシュ。連覇を狙った宮里美香はトータル2オーバー21位タイで競技を終えた。
 以下に主要選手のコメントを掲載する。
●イ・ナリ(トータル7アンダー2位)
「17番ホールまでいいプレーが出来ていたので、18番のボギーは悔しいし次に晴らせたらと思います。17番で並んだのは知っていました。13番のバーディ以降はチャンスがこなくて待っていたんですけど、17番ではバンカーからチップインしてくれました。なので最後は本当に残念です」
●アン・ソンジュ(トータル5アンダー4位)
「今日は5〜6メートルのバーディチャンスが最後に切れて決まらなかったのがたくさんありました。18番ではバーディが獲れたのでよかったです。パッティングの感触は悪くないのでまた来週から頑張ります。永井選手は一番難しい4番でイーグル獲ったし今日はすごかった。アマチュア選手だけど、興奮することなく落ち着いてプレーしていたしサントリーで回った時よりも成長していると思った」
●鈴木愛(トータル4アンダー5位)
「朝からモチベーションが上がらず、ワクワクもない状態から始まってしまいました。モチベーションを上げていくことも出来なかったです。朝はパッティングも良かったけど、雨だったり、肌寒かったのでカッパを着るのが嫌いでそういうところもモチベーションが上がらなかった」
「選手権の時はモチベーションが違うし、不安で不安で仕方がなかった。今日は自分に期待が大きすぎて、その辺が良くなかったですね」
●宮里美香(トータル2オーバー21位タイ)
「出だしでバーディ獲れたんですけど、そこからショットがピンに絡むこともなく、アプローチも寄せきれず、初日、2日目、3日目と良かったことがすべて上手くいかなかったです。今日は自分のプレーの持ち味が出せませんでした。初日、2日目は良かったんですけど、残りの2日間はオーバーパーにしてしまって…。試合の感触としては良いところと悪いところが半々です」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】あなたが早く初優勝を挙げて欲しいと思うプロは誰?
今週はゴルフ大好き美人ナースが登場!「美ゴ女」
女子プロの厳選フォトを毎週アップ!「写真館」